「生きる為に働くのか」「働く為に生きるのか」

心身ともに疲れ切ったサラリーマン

働くという行為はお金を稼ぐ行為に直結します。では何故お金を稼ぐ必要があるのか?・・・

お金を稼ぐ

お金を稼ぐ事は日本という国で生きるためには必須事項と言えます。

日本で衣食住を得るために必要となるからです。

衣食住の「衣」と「住」が無くても死にませんが「食」に関しては食べないと生命を維持することができませんよね。

だから公園で寝泊まりをしているようなホームレスだって日本で暮らす以上は、空き缶を集めたりして食費を稼いでいます。

「生活するために必要なお金を稼ぐこと=仕事」と定義するのであれば、子供やお年寄りなど扶養家族でない限り誰もが仕事をする必要があることになりますよね。

しかし本来なら生活を維持する為、そして生きるために仕事をしていたはずなのに、いつしか仕事が優先となり仕事をする為に生きているという人が近年多く見受けられます。

かくいう私もそうでしたが、工場勤務していた頃の私は生活の中心に仕事となっていて、私生活を犠牲にして働いていました。

スポンサードリンク

どっちが幸せ?

「生活の中心が仕事で、仕事がオフの時だけプライベートな時間がある生活」

「自分の時間が生活の中心で、空いた時間に仕事をする生活」

どちらも同じように、仕事をしている時間とプライベートな時間が両立していますが、どちらを軸に据えているかという事が違いとなります。

仕事の時間とプライベートな時間の比率と言っても良いかもしれません。

どちらを取るにしてもメリットとデメリットがあるので、難しい問題ではありますが、何のために仕事をしているのかという事を今一度考えてみると良いかもしれませんね。

仕事が趣味のような感覚で、楽しんで仕事が出来ているという人なら仕事中心の生活でも苦痛に感じることは少ないでしょう。

しかし、たいていの人はやりたいことを仕事にしているというわけではないので、仕事の時間とプライベートな時間をバランスよくとらないと精神的につらくなってきてしまうものです。

仕事中心の生活

メリットとしては、仕事が生活の基盤となっているので、お金に困る事が少ないという点でしょう。

たとえ低賃金で働いていたとしても、定期的に給料という形でお金を得ることができるので、最低限の生活を守る事ができるという意味での「お金に困る事が少ない」という意味合いです。

逆にデメリットとしては、自分の時間を犠牲にして仕事をしているわけですから、やりたいことが中々できないという点。

そして、やりたくもない仕事で長時間の拘束を強いられるわけですから、精神的にも肉体的にも疲労を感じてしまうので、プライベートな時間を全力で楽しむことができません。

プライベート中心の生活

メリットは好きなことを中心に生活しているので、苦痛を感じることが少ないこと。

仕事中心の生活をしている人から見ると、人生を楽しんでいる風に見える事でしょう。

デメリットとしては、安定した収入が得にくいので、周囲から「遊んでばかりいる」「フラフラとして地に足が付いていない」と思われることもあります。

実際に定職に付いていない場合は、毎月確実に給料が振り込まれるわけではないので、お金に困る事も多い(お金がないので趣味に使えるお金も少ない)という事です。

スポンサードリンク

日本人は真面目

日本人は真面目で堅実という気質の人が多く、あまり冒険心がないという特徴があります。

もちろん例外もありますが、そういった気質は義務教育や両親の育て方で性格が左右されます。

例えば保険ですが、日本人は保険が大好きです。

「何かあった時の為に」「万が一の為に」という理由で、どんな不測な事態にも最低限の生活を守ることを重視する傾向があります。

生命保険、住宅保険、自動車保険、この辺りは入っていて当たり前で、その他にも「その保険いつ使うの?」というようなマニアックな保険に入っている人が大勢います。

保険はあくまで保険なので、使う事の方が少ないのです。

そして使わない事の方が多いので、保険会社が成り立つわけですね。

少し話がそれましたが、日本人は守る事を重視している為、そのせいで生活を圧迫している事が多いということです。

何のために働くのか

ここが一番重要だと思います。

坂本九さんの曲で「明日があるさ」という有名な曲のリメイクで、ウルフルズが歌った曲の一節でこんな歌詞があります。

「ある日突然考えた。」

「どうして俺は頑張ってるんだろう・・・」

「家族の為? 自分の為?」

「答えは風の中・・・」

ジョージアの缶コーヒーのCMで流れていた曲で、当時会社勤めをしていて、仕事中心の生活を送っていた私の心にぐっと響きました。

独身だった私は守る家族はいませんでしたが、「どうして俺は頑張ってるんだろう」ということについて、考えさせられました。

どうして頑張っているのか?という歌詞を自分に当てはめて、「何のために仕事を頑張っているのか?」と・・・

答えはすぐに出ました。

「良い生活を送るため、そして良い人生を送るため」でした。

次に考えたことは、「今の仕事を頑張って自分にとって良い生活や良い人生が得られるのか?」です。

答えは否でした。

自分の時間を犠牲にして、体力を消耗して神経をすり減らして、長時間の残業に耐え抜いた先に何があるのか・・・

生涯をその会社に捧げたわけではないので、実際には答えはわかりませんが、予測することくらいはできます。

もしかしたら、バリバリと仕事をこなしてガツガツと昇進して給料爆上げで、最高の人生を送っていたかもしれませんが、私にはその未来は予測できませんでした。

スポンサードリンク

落としどころが重要

本来なら生きるために仕事をしていたのが、いつしか仕事中心の生活になって行き、仕事をするために生きているという状況の人は多いと思います。

「仕事の為に生きる」そこまで行けば本末転倒ですが、事実として生きるためには仕事をする(お金を稼ぐこと)事も必要です。

「何のためにお金を稼ぐのか?」を今一度考えて、自分の時間と仕事をしている時間の比率を見直すことも大切です。

人それぞれ落としどころは違うと思いますが、現在のストレス社会を生き抜くために、そして良い人生を送るためには、生涯かけて考え続けなければならない重要なテーマなのだと思います。

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ