稼げる副業って何がある!?アフィリエイト続編④

パソコンでアフィリエイト続編④

アフィリエイトシリーズの第5回目です。独自ドメインはオールドドメインと新規ドメインどっちにすべきか。

ドメイン

前の記事でもお話しした通り、ドメインはURLのことです。

この記事のurlはhttp://ma2news.com/work/work8.htmlですが、真ん中あたりの「ma2news.com」がこのサイトのドメインという事になりますね。

そしてこのドメインですが、新品と中古品があるのです。

普通の感覚でいくと、新品が定価で中古品になるとどんどん値段が下がるというイメージですが、ドメインの場合は逆です。

ちなみにこのサイトは新規ドメインで運営しています。

中古品(オールドドメイン)には、過去に誰かが運営していたサイトのドメインということなのですが、中古のドメインには付加価値があって新規のドメインより値段が高いのです。

しかし、新規ドメインと中古ドメインどちらにもメリットがあり、デメリットがあるので、それぞれ見てきてましょう。

スポンサードリンク

新規ドメイン

新規ドメインはその名の通り新品のドメインですね。

それでは新規ドメインのメリットとデメリットについてご説明したいと思います。

メリット

新規ドメインの最大のメリットと言えば、自分でURLを決められるというところです。

どんなサイトを運営するかを決めて、そのサイトに沿ったドメインを自分で決められるので、見栄えが良いということです。

このサイトで言うと、「MA2NEWS」というサイト名に対して、ドメインが「http://ma2news.com/」なので、統一感があって良いですよね。

そして二つ目のメリットして値段が安いという事があげられます。

「.com」「.net」「.jp」などドット以降の表記によって多少値段は左右されますが、基本的に数百円~2,000円程度でドメインを持つことが出来ます。

デメリット

SEOが一からのスタートなので、検索エンジンに見つけてもらいにくく、上位表示を狙うのも一苦労です。

新規ドメインのデメリットはSEOに時間がかかるという事だけなのですが、この一点がかなり大きなデメリットとなります。

基本的に特定のキーワードでSEO上位表示を狙おうとすると、キーワードによってはかなりの数の上質なバックリンクが必要となるからです。

自作自演でバックリンクを集める行為はグーグルのアルゴリズムからするとスパム行為だとされていますが、新規ドメインだと検索エンジンからの流入が見込めないので、自演でバックリンクを集めるか、長い年限つをかけて自然にバックリンクが増えるまで根気強く運営するしかありません。

スポンサードリンク

中古ドメイン

中古ドメイン、またの名をオールドドメインと言います。

では次に中古ドメインのメリットとデメリットについてご説明していきたいと思います。

メリット

中古ドメインの一番のメリットは既にバックリンクを獲得しているという点です。

上質な中古ドメインを買う事ができれば、自分が作ったサイトをアップロードして数日後には狙ったキーワードで上位表示されているなんてこともあるのです。

SEOで上位表示されればアクセスが見込めるので、即収益につながる可能性があるというのは、かなり魅力的ですよね。

しかし中古ドメインにはデメリットもかなり多いのでしっかり把握したうえで検討してください。

デメリット

中古ドメインのデメリットについて一つずつ見て聞きましょう。

一つ、既にスパム扱いされているドメインだった。

最初からバックリンクが付いているということは、自演で集めたバックリンクで既に検索エンジンに見放されているドメインである可能性があります。

この場合は、ペナルティーとして何をやっても検索エンジンの上位表示を狙う事ができません。

グーグル先生にお願いしてスパムを解除する事も、出来るには出来るのですが、かなり面倒くさい作業が必要なので、そんな事をしている暇があったら、新規ドメインで新たにサイトを作った方が早いという事もあるのです。

二つ、値段が高い。

値段はピンキリですが、安い物なら数千円で、高い物になると数十万~数百万円という物まであります。

高ければ良いというわけではありませんが、値段が高い方が上質なバックリンクを集めている可能性が高く、SEO効果が高いという特徴があります。

しかし、値段が高くてもスパムをくらっているドメインである可能性もあるので、高額過ぎるドメインの購入はあまりおすすめしません。

私は過去に30万円程度のドメインを購入したことがありますが、サイトをアップロードした瞬間狙ったキーワードで上位表示、そして1週間程度でペナルティーをくらって圏外に、という経験があります。

三つ、ドメイン名を自分で決められない。

サイト名とドメイン名が一致しないチグハグなサイトとなってしまうので、サテライトサイトのような量産型には良いかもしれませんが、メインとなるサイトではちょっと気持ち悪いですよね。

どっちが良いのか

ここまで新規と中古のドメインのメリットとデメリットについて見てきましたが、どちらが良いのかという事ではなくて、「適材適所」として、どんなサイトを運営するのかということを考慮してドメインを選ぶ方が良いでしょう。

メインとなるサイトは新規のドメインでじっくりと育てていって、サテライトサイトや量産型のサイトにはオールドドメインを使って数打ちゃ当たる作戦でいくのが理想かと思います。

数千円の安い中古ドメインでも、掘り出し物があったりするので、色々買って試してみるのも良いかと思います。

関連記事

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ