サタンの母!爆薬TATPを製造工程の動画をyoutubeに流した男を書類送検

サタンの母,TATP製造工程の動画

サタンの母とも呼ばれている爆薬の製造工程をyoutubeに投稿したとして、23歳の男が書類送検されました。TATPは世界中のテロにも使われていて非常に危険な爆薬にもかかわらず、同機は「真似する人が出てくるかも」という愉快犯。

書類送検された男

youtubeに動画を投稿したのは愛知県に住む23歳(無職)の男で、2017年2月28日に書類送検された。

同年2月14日に警視庁公安部によりTATPの原材料や実験に使われた器具などが押収された。

捜査の結果、爆薬であるTATPを製造したという爆発物取締罰則違反の疑いが強まった。

男は「動画を見て誰かがまねをしてTATPを造り爆発させるのを期待した。2年間で10回ぐらい造った」と供述。

スポンサードリンク

TATPの危険性

TATP(過酸化アトセン)は衝撃や加熱によって爆発、燃焼する有機過酸化物で、世界中のテロなどにも使用されている危険な爆薬です。

しかし今回問題となった製造工程の動画投稿のように、割と簡単に手に入るもので作れてしまうのです。

youtubeに動画を投稿した男もネットで作り方を知ったようで、製造工程についてもインターネットで調べれば知ることができます。

しかし製造工程での誤爆事故が多いと言われていて、興味本位で作った人の事故の例もあるので、絶対に手を出さないようにしてください。(というか法律で禁止されているので作ったら捕まります)

スポンサードリンク

TATPが使用されたテロ事件

戦争やテロ事件

  • パリ同時多発テロ
  • ブリュッセル空港、地下鉄爆発事件
  • ロンドン同時多発テロ
  • シリア、イラクの戦争
  • etc・・・

魔王サタンの母という別名をもつほど殺傷能力が高く、イスラムの過激派もよく使用している。

今回動画を投稿した男とイスラム国など過激派集団とのつながりはないとされているものの、そういった戦地で多用されるような危険が爆薬であることが伺えます。

TATP,粉
Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ