スマホ使いこなせてる?誰もが知っている簡単な機能【iPhone】

iPhone

最近では携帯電話と言えば思い浮かべるのはスマホという程にスマホが普及してきました。昔のガラケーと比べると画面も大きく機能も多彩ですが、皆さんスマホの機能を使いこなせていますか? 今回は知らないと恥ずかしいiPhoneの簡単な機能についてご紹介します。

スクリーンショット

「スクショ」「SS(エスエス)」と略されるスクリーンショットですが、やり方知ってますか?

スクリーンショットは今画面に映っている状況をそのまま写真として残すことができる機能です。

この機能は他のアプリやゲームすべての状況で使うことができます。

現在表示されている画面をそのまま保存できるので、ちょっとしたメモ帳代わりに使ったりと、覚えておくと非常に便利ですよ。

スクリーンショットのやり方

やり方はいたって簡単です。

ホームボタンと電源ボタンを同時押しするだけです。

スクリーンショット

古い機種の場合は電源ボタンが上にある場合もありますが、やり方は同じです。

ホームボタンと電源ボタンを同時押しして「カシャッ」という音と共に画面がフラッシュすればスクリーンショット完了です。

カメラ機能で写真を撮影した時や画像を保存した時と同じ場所にスクリーンショットの画像も保存されます。

スポンサードリンク

siri

iPhoneにはsiriという人工知能が備わっていて、自分の音声に反応してナビゲートしてくれるという機能です。

こちらもやり方は簡単で、ホームボタンを長押しするとsiriが起動します。

すると「ご用件は何でしょう?」「話しかけて下さい。聞き取っています...」と表示されます。

その時にiPhoneに向かって話しかけるとsiriが行動を起こします。

例えば「設定」と話しかけてみて下さい。するとsiriが設定の画面を開いてくれるという仕組みです。

このsiriですが、かなり高性能でちょっとした会話程度ならできてしまうという優れものなんです。

例えばsiriに向かって「おはよう」と話しかけると「おはようごさいます。ただ今の時刻は〇時〇分です。」や「おやすみ」と話しかけると「おやすみなさい。もしまだでしたらアラームを設定するよう言ってくださいね。」と返ってきます。

そこで下の方に表示されているマイクボタンを押すともう一度話しかけられるので「アラームの設定」と話しかけると「アラームを今日の何時にセットしますか?」と返ってきて、もう一度話しかける画面に切り替わります。そこで「〇時間後」と言うと「〇時〇分にアラームがセットされました:」という返答と共にsiriがアラームをセットしてくれるのです!

siriでアラームの設定

そして更に驚くべきはsiriはユーモアのセンスも備えているという事です。

「隣の客はよく柿食う客だ」や「蛙ぴょこぴょこみぴょこぴょこ合わせてぴょこぴょこむぴょこぴょこ」など定番の早口言葉をsiriに向かって喋ると「では私も。青巻紙赤巻紙黄巻紙。」と超高速の早口言葉が返ってくるのです!

siriの早口言葉

面白いので、さらに色々話しかけてみました。

筆者「暇です。」

siri「映画でもご覧になっていかがですか?"XX(何々)の出ている映画を探して"、"XX(何々)監督の映画を探して"、"コメディー映画を探して"などと指示してください。」

筆者「好きです。付き合ってください。」

siri「ありがとうございます。でも、私はデートはしないんですよ。人間とは。」

筆者「うるさい」

siri「それは言い過ぎだと思いますよ。(音声なしのサイレント)」

筆者「ごめんなさい」

siri「本当に気にしないでください。」

筆者「結婚してください」

siri「友達のままでいましょう。」

siriに求婚

盛大にフラれた筆者ですが、優しくて頼もしいsiriさんなのでいつまでも友達でいてください(笑)

ちなみにsiriの返答は何パターンか用意されているようで、同じ事を話しかけても別の返答が返ってくることもあります。

何度も求婚したらいつかデレる日がくるかも・・・

スポンサードリンク

電源を切る

スマホデビューして間もない人だと意外とやり方を知らないのが電源の切り方です。

電源ボタンを押して画面が暗転する状態はスリープで、ただの待機画面なのです。

スリープ状態では電源自体はONのままなので、完全に電源を落として電話などがかかってこない状態へするということです。

上のスクリーンショットの撮り方で説明した電源ボタンを3秒以上長押しすると「スライドで電源オフ」という画面に切り替わります。

iPhoneの電源をオフにする

ここで画面に表示されているボタンをスライドすると完全に電源が落ちて、電話も繋がりませんし充電の消費も止まった状態となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

普通iPhoneを使っていたら誰でも知っているという機能ばかりなので、知らないとちょっと恥ずかしい思いをするかもしれません。

スマホデビューして間もない人や、iPhoneに機種変更したばかりという人は覚えておいて損はないでしょう。

関連記事

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ