「インスタ映えが嫌い!」インスタの大流行に比例して増えるアンチ勢

インスタ映えを狙った写真撮影

どうも、流行りに乗り遅れて未だにインスタをやっていないマツボックリです。

インスタとはインスタグラムの略称で、写真投稿をメインとしたSNSのことですね。

ツイッター、mixi、FacebookなどのSNSが流行るにつれて、投稿の為の写真を撮る人が増えてきていましたが、写真投稿メインのSNSであるインスタが流行る事でスマホで写真撮影する人が爆発的に増えましたよね。

それにつれてインスタなどSNSに投稿する為の、俗に言う「インスタ映え」するものが嫌いという人も増えてきているようです。

スポンサードリンク

インスタ映えが嫌いな人

インスタグラム

インスタが流行るにつれて、インスタ映えという言葉が嫌いになる人が増えてきています。

流行り物にはアンチ勢が出てくることは世の常なので、しかたない事なのでしょう。

しかしインスタ映えする事は、見た目に美しい物や見ていておもしろい物など、マイナス要素はないようにも感じます。

では一体どんな理由でインスタ映えするものが嫌われているのでしょうか。

撮影が終わるまでおあずけ

これが理由でインスタ映えするものが嫌いという人は多いのではないでしょうか。

飲食店へ行って料理が運ばれて来ても、写真撮影が終わるまで食べ始められないというあるあるネタですよね。

写真撮影が長いと、熱い物は冷めて、冷たいアイスなどは溶け始める、という本来の料理を楽しむことが出来ない事が原因となっています。

それぞれ注文して別々の物を食べる時ならまだしも、鍋や焼肉、バーベキューなど全員を待たせる料理の時には控えた方がよさそうです。

写真撮影の為に並びたくない

インスタ映えするものを好む人は、あえて行列のできる話題のお店に行きたがる傾向がありますよね。

しかし行列を好まない人や、インスタをやっていない人からすると、写真撮影の為にわざわざ行列に並ぶのは面倒だと感じる人も多いようです。

リア充アピールがうざい

最近では「リア充アピール代行」という業者が流行るくらいに、SNSでのリア充をアピールする事に重きを置いている人が増えているようです。

うざいと思うなら他人の投稿を見なければ良いだけなのですが、「そこまでする必要があるの?」「バカなんじゃないの?」とリア充アピールを否定する人も結構いるみたいですね。

事あるごとに写真撮影がうざい

料理を食べる直前や乾杯の瞬間など、シャッターチャンスとあれば、いつでもどこでも「ちょっとまって!写真撮らせて!」と言って時間を取らせてしまう人っていますよね。

そういった写真撮影の為に時間を取られるのが鬱陶しいと感じる人も結構多いので、あまり人を待たせないように気を付けた方がよさそうです。

見た目重視すぎる

主に飲食の話ですが、見た目重視すぎて料理が不味そうに見えると感じている人も多いようです。

「インスタ映えする料理ってカラフル過ぎて気持ち悪い」「見た目を重視しすぎて美味しくない」「食べられない物が入っている」という風に思っている人も多いので、複数人でシェアする場合にはインスタ映えする料理は控えた方がよさそうです。

スポンサードリンク

写真撮影がメイン

インスタにハマっている人は、より多くの人に注目して貰えるような写真を撮る事がメインとなっていて、どこへ行っても何を食べても、写真を取ることがメインとなってしまいます。

むしろインスタに投稿する写真を撮りに行く為に、わざわざ行列ができる流行りのお店やインスタ映えするスポットへ行く事もあるくらいで、本来の料理の味を楽しむことや景色や風景を楽しむことは二の次という傾向にあるようです。

とは言え、現在の流行りの起爆剤となるのは、やはりインスタを始めとしたSNSでの拡散によるものが大きいのも事実です。

そしてサービスを提供する側もそれを狙って、インスタ映えする物に力を入れています。

この前テレビで「今年(2017年)のクリスマスケーキの予約が始まりました。」というニュースを見かけたのですが、1個1万円以上するようなケーキが飛ぶように売れているそうです。

その理由は、店側が見た目にも美しいケーキというのをテーマに、花びらをあしらったものなどインパクトがあってインスタ映えするようなケーキを売り出しているからだそうです。

そして、そういったSNSの為の見た目を重視したサービスを嫌う人も増えてきているようですね。

関わらなければいいだけ

インスタ映えするものや、インスタに投稿する為の撮影が嫌いという人は、それに関わらなければ良いだけ。

「インスタで他人の投稿を見なければ良いだけ」「インスタ映えする場所へ行かなければ良いだけ」「インスタ映えする料理を食べなければ良いだけ」「インスタ投稿の撮影をする人と一緒に居なければ良いだけ」などなど。

インスタにハマっている人からするとそう思うかもしれませんが、実際はそう簡単なものではありません。

写真撮影を不快に思う人もいる以上、インスタに投稿する為の写真撮影などある程度は周囲に配慮しなければなりません。

まとめ

インスタを嫌う理由は人それぞれで、「嫌なら見なければいいでしょ」という程度のものから、事あるごとに撮影に巻き込まれて手間を取られるという実害を受けるパターンのものまで様々です。

たかが写真くらいと言って、軽く考えない方が良いかもしれません。

インスタをやっている事自体は悪い事ではありませんし、楽しんで情報をシェア出来る良い物なのですが、ある程度は節度を持って行動した方がよさそうです。

関連記事

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ