一人暮らしのメリットとデメリット

一人暮らしの女性

どうも、基本的に家でも外でもぼっちなマツボックリです。

一人暮らしって気楽で快適ってイメージの人多いと思います。

確かに気楽で快適なのですが、その反面実際にやってみないと気付かないデメリットも結構あるものなのです。

スポンサードリンク

メリット

自由で気楽

一人暮らしのメリットと言えばこれに尽きると思います。

いつどこで何をしていても誰にも何も言われないので、毎日遊び歩いていても、夜更かしをしていても誰かに小言を言われる事はありません。

なので、自分の好きなように自由に時間を使えるってのが魅力的ですよね。

そして誰にも気兼ねなく自宅に友達を招くことが出来るのも良いところですよね。

食事の時間や寝る時間、起きる時間など全て自分のペースで進められるのでストレスフリーの生活を送る事ができます。

自分だけの空間なので、家具やインテリアも100%自分の好みに出来るってのも良いですよね。

異性にウケそうな部屋にするもよし、自分だけの快適空間を作るもよし、全てが自分次第なわけです。

外食の誘いなんかがあっても、気分次第で気軽に出かける事もできますよね。

住む物件次第ではペットを飼ったりするのも出来ますし、本当に誰に気兼ねする事もなく自由な生活を送る事が出来るのが一人暮らしの最大の魅力ですよね。

スポンサードリンク

デメリット

食事

黙っていても食事が出てくるなんてことはないので、全て自分で用意する必要があります。

自炊するも外食するもコンビニで済ますも自由ですが、自由であるがゆえに偏食になりがちで、生活習慣病のリスクは高まります。

家事

掃除や洗濯も全て自分でやらないといけません。

病気だろうが怪我をしていようが、甲斐甲斐しく世話をしてくれる恋人でもいない限り、どんなに面倒でも自分で家事をこなす必要があるのです。

郵便物

自分が自宅にいない時間帯は、誰も家にいません。

郵便物を受け取ってくれる人が家にいないので、基本的に不在届けを持って郵便局へ受け取りに行くか、再配達を依頼することになります。

遅刻

深夜まで夜更かししていても、夜中まで飲み歩くのも自由ですが、朝起こしてくれる人はいないので、遅刻のリスクは高まります。

虫との格闘

不快害虫が出没した時も誰も助けてくれる人はいないので、自分で退治するしかありません。

Gとの戦いは中々に骨が折れます。

金銭面

お金の使い方に関しても、好きな時に好きなだけお金を使う事ができますが、ある程度自己管理ができないと重要な支払いを見落としていて支払いを滞納するなんて事もありえます。

寂しい(暇を持て余す)

一人の時間が多くなる分、寂しいと感じる事も多いでしょう。

また、家に一人でいても話し相手はいないので、学校や職場での人とのふれあいを大切にしないと私マツボックリのような「ぼっちの引きこもり体質」になってしまいます。

まとめ

一人暮らしは始めた時は自由で快適と感じる事の方が多いのですが、長く続けていると案外不便に感じる事も多いものです。

そして、慣れてくると面倒な事は後回しになりがちになるので、ある程度自分自身を律する事が出来ないと、自堕落な生活でダメ人間になってしまう可能性もあるわけです。

ただそれでも、一人暮らしの気楽さというのは代え難いものがあるので、一人暮らしに憧れる人が多いのではないでしょうか。

関連記事

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ