茶渋やコーヒー渋の落とし方|あるものを使えば食器がピカピカに!

頑固な茶渋とコーヒー渋を落とす方法

どうも、一人暮らしなのに自炊は基本的にしないマツボックリです。

まあ一人暮らしで3食きっちり自炊しているという人も珍しいので、食器の使用頻度は少ないって人も多いのではないでしょうか。

しかし、一人暮らしだろうが、家族で暮らしてようが、使用頻度の高いのがグラス・コップ・マグカップ等の飲み物を飲むときに使う食器ですよね。

スポンサードリンク

頑固な茶渋とコーヒー渋

コーヒーやお茶をよく飲むって人は、コップに茶渋やコーヒー渋が付いて取れない!なんて思いをしている人も多いのではないでしょうか。

別にコップに茶渋がついていても害があるわけではないので、特に気にしないという人なら良いのかもしれません。

しかし、透明のグラスや白いマグカップに黒ずんだ汚れが付いていると、なんだか飲み物が美味しくないって感じる人もいると思います。

さらに、来客があった時に茶渋だらけのコップでお茶を出すってなるとちょっと恥ずかしいですよね。

落とす方法

方法としては2通りあって、「何かを使って擦る方法」と「何かに浸け置きする方法」です。

ではそれぞれの方法を見ていきましょう。

塩で擦る

一番メジャーな方法で、この方法で茶渋の対策をしている人も多いのではないでしょうか。

方法はいたって簡単で、水で湿らせたスポンジに少量の食塩を付けて茶渋のついた部分を擦るというだけです。

塩の結晶が研磨剤の役割を果たすので、茶渋やコーヒー渋が削れ取れるというわけですね。

指で擦ると頑固な茶渋も落とせると紹介しているサイトもありますが、塩で指自体も削れて傷だらけになってしまうので素手でやるのはあまりお勧めはできません。

激落ちくん(スポンジ)で擦る

激落ちくん

激落ちくんでなくても、100均一にある類似品のメラミンスポンジでもOKです。

メラミンスポンジには、スポンジ自体に研磨剤が含まれていて、水をつけて擦るだけで頑固な茶渋やコーヒー渋がきれいに取れます。

普段食器を洗う用のスポンジを置いて場所の横にメラミンスポンジを一欠片置いておけば、ちょっと気になる汚れがある時にすぐに使えて便利ですよ。

ただし、フッ素加工やテフロン加工(焦げ付かない為の加工)がされているフライパンなどには使用しないでください。せっかくの焦げ付かないための加工が剥がれてしまいます。

重曹で擦る&浸け置き

重曹と言えば掃除の定番ですよね。

塩で擦る方法と同様に、湿らせたスポンジに重曹を付けて擦れば重曹が研磨剤の役割を果たすので、茶渋やコーヒー渋が削れ落ちるというわけです。

そして研磨剤としての役割以外にも、重曹を溶かした熱湯に茶渋のついたコップを5分程度浸しておけば、強いアルカリ性によって茶渋が浮いて簡単に落とすことができます。

手の届かない細かな部分には、浸け置き洗いがおすすめです。

酢に浸け置き

食用酢を普通のスポンジにつけて洗うだけでも茶渋やコーヒー渋は落ちますが、10:1くらいお湯でに薄めた酢に1時間くらい浸しておけば、簡単に茶渋を落とすことができます。

食用酢なので、小さな子が使う食器でも安心して出来る方法なので、この方法で食器を洗うのもおすすめです。

スポンサードリンク

まとめ

コップについた茶渋やコーヒー渋を取るには「研磨剤の役割を果たすもので擦って削り取る」か「浸け置き洗いで汚れを浮かす」方法の2種類です。

ただし、普通の食器ならどちらの方法でもOKですが、コーティングされている食器や柄がある食器を擦る方法で洗ってしまうと、コーティングや柄が剥がれてしまう可能性があるので、浸け置き洗いで落とすようにしましょう。

関連記事

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ