iPhoneの充電が遅い|突然の出来事に困惑!!

iPhone7の充電

どうも、スマホゲーをしていてイライラするとスマホをぶん投げたくなるマツボックリです。(理性が打ち勝つので本当には投げませんよ。笑)

つい最近の出来事なのですが、買ってから1年も経っていないiPhone7が突然に充電速度が激遅になる事態が発生しました。

昨日まで普通に充電出来ていたのに、突然の出来事に困惑した私は、充電が遅くなる原因について調べました。

ちなみに症状としては、2~3時間充電したのに残量が5%~10%くらいしか増えていないという状態でした。

スポンサードリンク

iPhoneの充電が遅くなる原因

充電速度が遅くなる原因についてですが、色々なパターンがありすぎて「自分がどのパターンに該当するのか?」と言うところから模索して、原因を突き止めなければなりません。

かなり面倒な作業ですが、簡単に出来る対処法から試してみて、遅くなる要素を一つ一つ潰していくしかありません。

ではiPhoneの充電が遅くなる原因について見てみましょう。

大きく分けて原因は3通り

■1つ目は端末(iPhone)側に原因がある場合です。

バッテリーの劣化

バッテリーの劣化が原因で充電が遅くなるという場合は、昨日まで普通に充電出来ていたのに、ある日突然遅くなるという事は考えにくいですが、端末を落としてしまった等の理由でバッテリーが故障してしまった可能性はあります。

この場合の対処法としては、バッテリーの交換が必要なので、メーカーに送って修理する必要があります。

端末の待機アプリが多い

ホームボタンを押すとアプリが閉じたように見えますが、実は待機した状態となって充電を消費しつづけています。

この場合の対処法は、ホームボタンをダブルタップして起動しているアプリを上にスワイプする(タスクキル)と終了することができます。また、最近のスマホはパソコンのような精密機械なので、ずっと使っているとエラーが蓄積して動作が重くなったり、フリーズしたり、アプリが落ちたりという事もあるので、定期的に電源を落として再起動させることで、充電速度が上がることもあります。

■2つ目は充電器(アダプターやケーブル)側に原因がある場合です。

ケーブルの断線

長く使っていると、ケーブルが劣化して断線してしまう事があります。プラスチック部分が破れて中の金属配線がむき出しになっているという状態はもちろんですが、プラスチック部分にシワが寄ってヨレているという場合でも充電が遅くなる可能性があります。

パッと見でケーブルに異常が見当たらなかったとしても、別のケーブルで充電を試してみる事でこれが原因なのかの判断ができます。

アダプターの故障

ケーブルの方は充電する端末によって差込口が変わりますが、アダプタの方はコンセントとUSBということで、長期間使いまわしているとアダプタの寿命だったりします。

また、純正でない急速充電ができるものを使っていたりすると故障の原因となる可能性もあるようです。

この場合も、今使っているアダプターとは別の純正のアダプターで充電してみる、又はパソコンなどUSBで充電してみる等で確かめる事ができます。

接触不良

昨日まで普通に充電出来ていたのに突然充電が遅くなった!という場合は、これが一番可能性が高いです。

「コンセントとプラグ」「USBの接続部分」「端末とケーブルの接続部分」この3か所の接触不良が考えられますが、一番可能性が高いのは、「端末とケーブルの接続部分」にホコリが溜まっているという場合です。

ホコリが溜まっている場合は綿棒やティッシュなどで軽く拭いてあげれば症状は改善します。

■3つ目はその他の要素に原因がある場合です。

気温や室温

極端に気温や室温が高い場合には、充電速度が遅くなる事があります。夏の暑い時期や冬場にはこれが原因である可能性もあります。

この場合は、常温の場所で充電しなおせば症状は改善するでしょう。

電源タップやコンセントの故障

電源タップを使ってタコ足配線にしていたり、コンセントの差込口事態に問題がある場合にも充電が遅くなる可能性があります。

この場合は別のコンセントからの充電を試してみれば、これが原因なのかはすぐにわかるでしょう。

スポンサードリンク

簡単に出来る対処法

何が原因で充電が遅くなっているのかがわからない時は、まずは簡単にできる対処法から試してみましょう。

  • iPhoneを再起動してみる
  • 別のコンセントや充電器を試してみる
  • 接続部分の掃除
  • 常温での充電

この辺を試してみても症状が改善されない場合は、端末(iPhone)自体に何らかの不具合がある可能性が高いので、最終的にはアップルストアに持ち込むか、携帯ショップからアップルに送ってもらって修理する必要があるでしょう。

まとめ

突然iPhoneの充電が遅くなる原因は様々なケースがあるので、原因を突き止めて改善する必要があります。

ちなみに今回私のiPhone7の充電が遅くなった原因は、接触不良でした。

別のアダプタやケーブルを試してみたりと色々試してみて普通に充電できたので、もう一度充電が遅かった時と同じ充電器を使って充電してみたら普通に充電できました(笑)

関連記事

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ