Toppa!は回線が遅すぎて話にならないプロバイダー

Toppa!(トッパ!)は夜に回線が遅い

ネット回線が遅すぎる!という事で原因を調べてみたら、どうやらToppaというプロバイダーが原因だったようです。

フレッツ光192,000円割引はこちら

回線が遅くなる原因

インターネットの回線が遅くなる原因については複数考えられますが、今回は色々試してみた結果がToppa!(トッパ!)というプロバイダーだったというお話です。

まず最初に無線ルーターを使用して複数の端末にWi-Fiを飛ばしていたので、ルーターの不具合を疑いました。

そこで新しいルーターを購入して取り換えてみたのですが、一向に改善される気配はありませんでした。

ルーターが原因で回線が遅いのであれば、買い替えるまでもなく無線ルーターを取り外してモデムから直接配線を繋いで見れば、原因がルーターなのか否かという事は確かめられますよね。

もちろんモデムに直接つないで確かめることもしたのですが、その時は若干回線が早くなったような気がしたのです。

おそらくですが、一つの回線を無線ルーターによって複数の端末で使用していたため、分散されていた回線速度が収束して早くなったように感じたのだと思います。

ルーター以外にネット回線が遅くなる原因は、PCやスマホなどの端末自体に問題がある場合も考えられますが、複数繋いでいた端末全てに影響が出ていたので、端末が原因ではないと考えていました。

具体的にどのくらい遅いかと言うと、Yahooのトップページを開くまでの時間が5秒~10秒(酷い時には30秒以上かかる)という感じです。

まともな回線速度なら1秒かかるかどうかという程度で、YAHOOくらいは一瞬で表示されるのが当たり前ですよね。

回線速度を計測

回線速度が遅いと感じていたのは事務所のネット回線で、自宅とは別の場所の回線でした。

回線速度を計測するには「回線速度」や「回線速度 測定」と検索すればネット上で速度を計れるサイト(無料)が複数出てくるので、おおよその回線速度を計測することができます。

そして事務所の回線速度を計測してみた結果・・・

なんと下り「50KB/秒」でした。

KBですよ!KB!!メガじゃなくてキロですよ!

これじゃADSLの方が余裕で早いよ!光で契約している意味あるの?というレベルです。

これがどのくらい遅いのかというと、私のスマートフォン(ソフトバンクのiPhone、ギガモンスター)の4G回線速度は「約900kb/秒」おおよそ1MB程度は出ている状態。

そして自宅のネット回線を計測してみたところ、「2MB/秒~7MB/秒」時間帯によって大きく変動したものの、2MBを切る事はありませんでした。

補足

ネット回線には「上り」「下り」の2種類があって、「上り」はサーバー上にデータをアップロードする際の回線速度で、「下り」はサーバーからPCやスマホ等の端末へデータをダウンロードする際の回線速度を表しています。

ホームページを閲覧するというのは、サーバーから情報をダウンロードしていることになるので、「下り」の速度が基準となります。

そして、基本的には「上り」の速度は「下り」の速度の10分の1程度であるというのが一般的です。

ちなみに、回線速度を表す単位として「MbpsやKbps」と「MB/secやKB/sec」がありますが、一般的には「MbpsやKbps」を使う事の方が多いようです。

時間帯によって変わる回線速度

上の項目でも述べていますが、回線の速度は時間帯によって早くなったり遅くなったりするのです。

沢山の人がインターネットにつなぐ週末や夜の時間帯(ゴールデンタイム)なんかには遅くなりがちというのが一般的です。

これはどのプロバイダーで契約していても言える事ですが、時間帯で回線速度は変わるという事です。

このことは以前から知っていたのですが、TOPPAは夜になると異常に回線速度が遅くなるという事は知らなかったのです。

事務所での契約という事もあり、夜になる前には帰宅していたので、このことに気付かずに2年もの間TOPPAを使い続けていました。

しかし最近になって夜遅くまで事務所で作業することが増えてきて、ようやくTOPPAの回線速度の劣悪さ加減に気付いたということです。

フレッツ光192,000円割引はこちら

プロバイダー選びは重要!

インターネット回線を契約するときに、どのプロバイダーが良いのか?なんて考えますよね。

しかし、どのプロバイダーでも公式ホームーページなんかを見ても参考にはなりません。

なぜならカタログスペックしか掲載されていませんし、自社の悪いところなんて掲載しませんからね。

じゃあどうしたらいいの?ということですが、私の経験上では、誰もが知る大手のメーカーの中から選ぶのがベターだと思います。

具体的には「OCN」「YAHOO!BB」「ソフトバンク光」「BIGLOBE」等です。

私個人の話ではありますが、「TOPP!」なんてプロバイダーは事務所の契約内容を見直すまでは知りもしませんでした。(契約の時は別の人がしていたので)

TOPPAの評判

「プロバイダーが原因で回線速度が遅いのではないか?」と疑い始めた時に、ネットで検索をかけてみると。

出るわ出るわ、TOPPAの悪評・・・

回線が遅いだけ(それだけでも十分許せませんが)ならまだしも、対応まで不誠実なのだとか。

とは言え、大手のプロバイダーの評判でも「OCNは遅い!」だとか「BIGLOBEは夜がダメ」なんて話は腐るほど出てきます。

が、しかし!!実際に使っていたことがある身としては、BIGLOBEもOCNもこれほどまでに(toppaを経験した現状と比べて)遅いと感じたことはありません。

おそらくですが、大手どころのプロバイダーを使っていて遅いと感じる人は、ネットゲームをしている人だったり大容量の通信を必要としている人で、普通に使っている分には遅いと感じる事はないと思います。

私もネトゲにハマっていた時代は、大手プロバイダーの回線速度によるラグを感じる事もありましたが、プレイに支障が出るほどではありませんでした。

まとめ

プロバイダー選びでは、ぜっっっっっっっったいに!!TOPPAを選ばない事をおすすめします。

もし迷っているのなら、大手どころのプロバイダーを選びましょう。

料金的な問題でTOPPAを選ぼうとしているのであれば尚更です。例え料金が安くても、それに見合ったサービスが提供されないのでコスパは最悪であると考えを改める事をおすすめします。

私は現在TOPPAの解約準備を進めていて、解約には3年以下の継続がない場合は違約金が発生するという事を知った現状でも、違約金がかかってもいいから早く解約したいという気持ちでいっぱいです。

追記

あれからtoppaを解約してOCNに変更したところ回線速度は見事に改善されました。

全く苦にならないほどの回線速度で、具体的には自宅の回線速度と同等の「下り2MB/sec」以上の速度が出ています。

toppaを使い始めた頃は、回線速度が遅いと感じる事はありませんでした。

しかし、ある時期を境に深夜帯に回線速度が遅くなるという現象に見舞われます。

そして、最終的には平日の日中でもあり得ないほど遅いと感じるほどの回線速度となっていきました。

ここからは予測なのですが、契約してすぐは回線速度を優遇しておいて契約期間が長くなるにつれて劣悪な回線速度へと落とされるのだと思います。

これが事実だとすると「やり方が汚い」そして、本当に「悪質な詐欺プロバイダー」であるという事になります。

プロバイダー選びに迷っている皆さん、そして「プロバイダーなんてどこも同じでしょ」と考えている皆さん、これだけは注意してください。

間違ってもTOPPAだけは契約しないように!

関連記事

Comment Box is loading comments...
フレッツ光192,000円割引はこちら

ページの先頭へ