最近流行りのDIYってなに?【Do It Yourself】日曜大工

DIY女子

最近流行りのDIYとは「Do It Yourself」の頭文字を取った略語で、直訳すると「自分でやる」という意味となり日曜大工の事である

スポンサードリンク

DIY

最近DIYという言葉をよく耳にするようになりました。

日曜大工と言った方が馴染み深い人も多いかと思いますが、実はこのDIYを趣味としている女性が増えてきているのです。

日曜大工と言ったら、仕事が休みの日にちょっとした家具を作るお父さんというイメージの方も多いことでしょう。

しかし、先日放送されたテレビ番組「ヒルナンデス」のアンケート調査によると、DIYに興味があると回答した女性は6割弱で、半数以上の女性が興味を持っているとのことでした。

同番組でも紹介されていましたが、DIYと言えばタレントの森泉さんですよね。

結構本格的な工具を使いこなし、プロ顔負けのオシャレな家具を自分で作ってしまうほどの腕前です。

最近は森泉さんのようにDIYを趣味とする女性が増えてきていて、100円均一やホームセンターで買える材料や、いらなくなった廃材を解体して再利用して、お洒落で個性的な家具を自分で作ってしまうのです。

森泉のDIY

森泉のDIY

日本テレビで放送されていた「幸せ!ボンビーガール」での森泉さんのDIY力が凄いと話題に。

依頼者に合わせて、低資金で材料を集めて棚やテーブルなどを作っていくのですが、自分で作ったとは思えないほどの出来前なのです。

足りない物は買い足していますが、100均や廃材を再利用するので出費を抑える事ができるので、真似して作ってみようという人も多いのではないでしょうか。

時にはプロに手伝ってもらう事もありますが、とにかくアイデアが凄くて、そのアイデアを自分自身の手で形にしていく事ができるのが凄いですよね。

人気のDIY家具

結構本格的な工具を使ったりするので、全て買いそろえるとなると結構お金がかかってしまいます。

人から借りられるものは借りて、出来るだけ出費を安く抑えるというのが、DIYのコツですよね。

工具さえ揃えばあとは材料費だけなので、出来た家具を買うより圧倒的に安くて、世界に一つだけのオリジナル家具を作る事ができますよ。

棚

ホームセンターで買える組み立て式の棚を作る要領で、木の板を組んでいくというのが一般出来ですよね。

部屋の寸法に合わせて板をカット、そしてドリルやドライバーなどで組付けていくという流れです。

必要な道具は、電動ドライバー、ネジ、木材などがあれば作れますが、100均で買えるフック等を付けたりすると横に小物を掛けることが出来るので便利でオリジナル感も出ますよね。

テーブル

テーブル

棚同様にシンプルなものであれば、木材・ネジ・ドライバーだけで簡単に作る事が出来ます。

部屋に合わせたい時やオリジナル感を出すなら、テーブルの脚を真ん中1本にして円形のテーブルを作ったりすることも出来ますが、少し難易度が上がってしまいます。

4本脚のテーブルだとしっかりと寸法を測って組付けないとグラつくことがあるので、3本脚のテーブルが難易度が低くておすすめです。

レベルが上がれば何でも作れる

始めは簡単な棚やテーブルを作るだけでも結構難しかったりするのですが、慣れてくると庭のガーデニングや家の壁、皿にはキッチン周りのカスタマイズなんかも出来るようになってきます。

アイデア次第で自分の手で家の隅々までリフォーム出来るので、住み心地も良くなって良いですよね。

DIYの知識や技術が高まってくると、家の庭に小屋を建ててしまうという強者もいたりしますが、初めは簡単な棚やテーブルなどがおすすめです。

ホームセンターへ行けば工具や材料は大体揃いますし、初心者なら予め丁度良いサイズにカットされている木材やパイプなどを組み立てるだけでもオリジナルの家具が作れますよ。

DIYの良いところ

何といっても他にはない世界に一つだけのオリジナルの家具が作れるというところですよね。

出費を抑えて、リフォームが出来るという事も良いところの一つではありますが、何よりも新しい物が作る時って楽しいですよね。

自分の家や自分の部屋が自分の好みの仕様にカスタマイズされていく時はワクワクするので、楽しんで出来ることがDIYの一番の魅力だと思います。

スポンサードリンク

まとめ

日曜大工と言うと男性のイメージですが、最近はDIY(Do It Yourself)といって、自分の好みの家具を楽しんで作れることから女性に注目されています。

Do It Yourself(自分でやる)という意味からも、プロの手を借りずに素人でも出来る簡単な家具を作る事から始めて、ハマると凄く凝った家具も作れるようになる。

ただし結構本格的な工具を使う事もあるので、怪我には注意が必要です。

モノ作りが好きという人なら趣味として楽しめるので、アイデア一つでオリジナルの家具が作れるDIYに挑戦してみてはいかがでしょうか。

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ