女子!?男子!?話題のジェンダーレスとは何か|ファッション?病気?

ジェンダーレス男子

最近話題になっているジェンダーレスってなんだろう・・・ただのファッション?それとも病気?

ジェンダーレスとは

テレビ等を見ていて最近よく耳にするキーワード「ジェンダーレス」って何だろう・・・

「男性的なファッションの女性?」「女性的な服装の男性?」「中性的な感じの人?」なんとなくは分かるけど詳しくは分からない、という事で調べてみました。

直訳

ジェンダーレスは英語で「Genderless」となります。

グーグル翻訳で調べてみるとGenderは性別の事、lessはもっと少なくとの事でした。

「要するに性別の境をもっと少なくしよう」という事なのでしょう。

ファッション?病気?

ジェンダーレスはファッション的な意味合いで使われることが多いようです。

中には、ファッション的な意味にとどまらず、自分は男だけど男性も女性も好き(恋愛や性的な意味で)又は逆のパターンで、自分は女だけど女性も男性も好き(恋愛や性的な意味で)という人もいるようです。

それじゃあバイ(バイセクシャル・Bisexual)と何が違うの?

スポンサードリンク

ジェンダーレスとの〇〇違い

バイとの違い

バイセクシャルは相手が男性でも女性でも恋愛対象となる人のことで、服装に関しては特にこだわりはない。

ジェンダーレスは上記でも述べたように中性的、あるいは両性的なファッションの事。

ファッションだけに留まる人はジェンダーレスで、それが恋愛対象にまで伸びるとバイセクシャル。

中性的・両性的なファッションで男も女も好きという人は、ジェンダーレスでもあり、バイセクシャルでもある。という事でしょうか。

ゲイ・レズとの違い

ゲイやレズビアンは同性愛者の事で、自分の性別と同性の人を恋愛や性の対象としている人の事です。

ゲイやレズの人はファッション的には異性のようなファッションをしたいと思わない人もいるようで、性転換したいという願望がない人も多いようです。

ジェンダーレスはファッション的な意味合いが強く、スカートもズボンも履くけど異性が好きという事のようです。

性同一性障害との違い

いわゆるオカマやオナベの人ですね。

性同一性障害は女性になりたい男性、又は男性になりたい女性という事で、ファッションから性的なニュアンスまで含む。

ジェンダーレスは性的なニュアンスを含まないので、性転換したいというような願望はないようです。

トランスジェンダーとの違い

トランスジェンダー(Transgender)は性同一性障害の人が、より内的な性別に外観を寄せているという人の事のようです。

直訳すると(Transgender)「Trans・別の状態へ」「gender・性別」となります。

性転換したり、自分の性別とは逆の男らしさや女らしさを強調している人がトランスジェンダー。

そして性別の境界を失くそうという中性的な人がジェンダーレス。

なので、ジェンダーレスとトランスジェンダーは真逆の意味。

スポンサードリンク

ジェンダーレスは病気じゃない

性同一性障害・同性愛者・両性愛者などは精神疾患の一部だと言われることもありますが、ジェンダーレスはあくまでファッション的な意味合いが強いので病気ではないそうです。

ジェンダーレスはファッション的な意味合いで使われることが多いのですが、性的なニュアンスを含むこともあるので、バイセクシャルであるとも言えます。

ちなみに、同性愛者や両性愛者(ゲイ・レズビアン・バイセクシャル)なども昔は精神疾患の一部として治療の対象となっていましたが、現在は違います。

1990年に世界保健機関(WHO)の疾患リストから外され、1995年には日本でも疾患リストから外されているそうです。

スポンサードリンク

ツイッターの反応

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ