【違いシリーズ】「たれ」と「つゆ」の違いってなに?

たれ?つゆ?

知っていそうで実は知らない違いシリーズ!「たれ」と「つゆ」違いとは!?

どこが違う?

皆さんは「たれ」と「つゆ」の違いについて知っていますか?

焼肉のたれめんつゆなど、どちらも似たようなニュアンスで食べ物に「付けたり、掛けたり」するものですよね。

しかし焼肉のつゆなんて言わないですよね?

ではなんで呼び方が違うの?と考えたわけです。

漢字にするとつゆ(汁)・たれ(垂れ)となります。

ちょっと違いが解ってきましたね。

スポンサードリンク

つゆとたれの定義

Yahoo!知恵袋によると・・・

――引用開始――

【つゆ】→液汁。しる。水気/吸物のしる/煮汁/つけ汁 ようするに『汁』

【たれ】→垂れること。また、そのもの/焼き物の調味用の濃い汁 ようするに『垂れる』。

――引用終了――

ふむふむ、なるほど・・・

要するに粘度の違いってことになるのかな?

「つゆ」はサラサラした粘度の低いもので、「たれ」はドロッとした粘度の高いもの、という事ですね?

・・・という事はだよ?

スポンサードリンク

こんなことも起こり得る?

その①

焼肉屋にて・・・

私「焼肉のたれください!」

店員「かしこまりました!」

奥へ行き再びやってくる店員

店員「おまたせしました!焼肉のたれでございます!」



しょうゆベースのさらっとした焼肉のたれがテーブルに置かれる



店員が持ってきた焼肉のたれ見つめる私・・・






私「つゆじゃねーか!!」

その②

A君「ほーらエサだぞー」

犬「ハッハッハッ」



A君「お座り!」

座る犬



A君「待て!」

犬「ハッハッハッ」

A君「まだだぞー、まだ食べちゃダメだぞー」

犬「ハッハッハッ」





口元がよだれまみれになりつつも我慢する犬







A君「ハハハ!おつゆが垂れてるじゃねえか!

B君「おつゆは垂れねぇよ?」

新たな疑問

ともあれ「たれ」と「つゆ」の違いは分かった。粘度の違いですよね。

でもYahoo知恵袋の説明によると・・・

【つゆ】→液汁。しる。水気/吸物のしる/煮汁/つけ汁 ようするに『汁』

でしたよね?

じゃあ「つゆ」と「しる」って何が違うの?

漢字にすると・・・「つゆ(汁)しる(汁)」

一緒じゃん!!

ということで調べてみると・・・

つゆとしるの違い

人力検索はてなによると・・・

――引用開始――

しるの中の一部のものが つゆ と呼ばれるものですね。しる はいろいろ使われています。

何かで利益を得たときは、うまいしるを吸うとかいいますが これは うまいつゆを吸うとは いいません。

――引用終了――

なるほど、なるほど・・・つまりはこういうことですね?

しるの一部がつゆ

ということは「つゆ」を使わずに「しる」を使っていれば間違いないってことか・・・

こんな料理番組は嫌だ

調理師「ここでめんじるを掛けるとより一層おいしく仕上がりますよ」

アシスタント「めんじる!?めんつゆじゃないんですか?」

調理師「しるの一部をつゆと呼ぶのでめんじるでもいいんです」

アシスタント「でもそれだと視聴者に伝わり難いんじゃないでしょうか?」

アシスタント「しかもめんじるって、ちょっと表現が汚くありません?」

調理師「いやでも私は間違っていませんし、あなたや視聴者の知識不足の方が問題なんですよ!」

アシスタント「しかし視聴者目線でやっていかないと視聴率落ちてしまいますし、めんつゆという表現の方が一般的なので言い直してもらえませんか?」

調理師「チッ・・・」

調理師「ではここでめんつゆを掛けるとより一層おいしく仕上がりますよ(ニッコリ)」

関連記事

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ