誰もが聞いたことのある癒し系クラシックの名曲ランキング10選

クラシックなんてよくわからない!そんな人でも一度は耳にしたことがある癒し系クラシックの名曲10選です。

スポンサードリンク

1.G線上のアリア

参照URL:https://www.youtube.com/watch?v=Ul1XyRIVUFs

G線上のアリア」(ゲーせんじょうのアリア[1]、ジーせんじょうのアリア。独: Air auf der G-Saite,英: Air on the G String)は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハが作曲した『管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV1068』の第2曲「アリア(エール)」をヴァイオリニストのアウグスト・ウィルヘルミがピアノ伴奏付きのヴァイオリン独奏のために編曲したものの通称。

参照URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/G%E7%B7%9A%E4%B8%8A%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%A2

2.アヴェ・マリア

参照URL:https://www.youtube.com/watch?v=zAaJzTWX_Io

《グノーのアヴェ・マリア(ラテン語:Ave Maria)》は、1859年にシャルル・グノーがヨハン・ゼバスティアン・バッハの《平均律クラヴィーア曲集 第1巻》の「前奏曲 第1番 ハ長調」を伴奏に、ラテン語の聖句「アヴェ・マリア」を歌詞に用いて完成させた声楽曲のである。19世紀フランスの歌曲では、しばしば演奏されており、録音される機会も多い。また、チェロやヴァイオリンとピアノのための二重奏曲として編曲されて演奏されている。 なお、グノーの引用した伴奏譜は、厳密には前奏曲1番の22小節目の後に1小節新しい音形を挿入したものである。この1小節はクリスティアン・フリードリヒ・ゴットリープ・シュヴェンケ(Christian Friedrich Gottlieb Schwenke)が挿入したものである。

参照URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2_(%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BC)

3.カノン

参照URL:https://www.youtube.com/watch?v=MOBYK_reo-4

ヨハン・パッヘルベルのカノンは、ドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベルがバロック時代中頃の1680年付近に作曲したカノン様式の作品である。「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」(独: Kanon und Gigue in D-Dur fur drei Violinen und Basso Continuo)の第1曲。この曲は、パッヘルベルのカノンの名で広く親しまれており、パッヘルベルの作品のなかで最も有名な、そして一般に知られている唯一の作品である。

参照URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8E%E3%83%B3_(%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB)

4.夜想曲第2番・ノクターン

参照URL:https://www.youtube.com/watch?v=xzkrnLob1_0

夜想曲第2番変ホ長調 作品9-2は、フレデリック・ショパンが1831年に作曲し、翌1832年に出版したピアノのための夜想曲。献呈はベルリオーズの元婚約者でピアノ製作会社プレイエル社長カミーユ・プレイエルの妻マリーに対し行われた。

この曲は全21曲あるショパンの夜想曲の中でも最もよく知られた曲であり、一般的に「ショパンのノクターン」と言えばまずこの第2番を指す。また、この作品は第1番と同様、ジョン・フィールドからの影響を強く受けている。しかしながら、甘美な旋律が装飾されて繰り返されるだけなので、それほど内容があるとは言えない、という考え方もある[1]。また、ショパンはしばしば次の例のような変奏[2]を行っていたといわれ、弟子の楽譜にも変奏の例が書き込まれている。

参照URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9C%E6%83%B3%E6%9B%B2%E7%AC%AC2%E7%95%AA_(%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%91%E3%83%B3)

5.ピアノソナタ第14番「月光」第1楽章

参照URL:https://www.youtube.com/watch?v=4Tr0otuiQuU

ピアノソナタ第14番嬰ハ短調 作品27-2 『幻想曲風ソナタ』("Sonata quasi una Fantasia")は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが1801年に作曲したピアノソナタ。『月光ソナタ』という通称とともに広く知られている。

参照URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E7%AC%AC14%E7%95%AA_(%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3)

スポンサードリンク

6.主よ、人の望みの喜びよ

参照URL:https://www.youtube.com/watch?v=d9EN27Zh_vg

『心と口と行いと生活で』(Herz und Mund und Tat und Leben)BWV147は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハが1723年に主の母マリア訪問の祝日のために作曲したと推測される教会カンタータ。全10曲からなり、『主よ、人の望みの喜びよ』の名で広く親しまれているコラールが第6曲と第10曲に登場する。

参照URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%81%A8%E8%A1%8C%E3%81%84%E3%81%A8%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%81%A7

7.「四季」"春"第1楽章

参照URL:https://www.youtube.com/watch?v=Gwvrg4ym7BU

「四季」(イタリア語:Le quattro stagioni、英語表記はThe Four Seasons)は、イタリアの作曲家・アントニオ・ヴィヴァルディによって作曲された、12楽章から成るヴァイオリン協奏曲集。

《和声と創意への試み》 (Concerti a 4 e 5 "Il cimento dell'armonia e dell'inventione"(英語版)) 作品8(1725年に出版された12曲のヴァイオリン協奏曲集)の内、 第1集すなわち第1曲から第4曲までの「春」「夏」「秋」「冬」に付けられた総称である。ただし、ヴィヴァルディ自身による命名ではない。

参照URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%AD%A3_(%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3)

8.月の光

参照URL:https://www.youtube.com/watch?v=JY-BacVtJY4

『ベルガマスク組曲』(――くみきょく、フランス語: Suite bergamasque)は、クロード・ドビュッシーのピアノ独奏曲。

第3曲 「月の光」 (Clair de Lune) 変ニ長調、Andante tres expressif、8分の9拍子。ほとんどピアニッシモで演奏される夜想曲で、優しく切ない曲想で有名。中間部の優雅な旋律は教会旋法の一種ミクソリディア旋法が採用されている。なお、1900年から1901年にかけて出版されたドビュッシーの「夜想曲」に掲載されたこの曲集の広告では、当初のタイトルは「感傷的な散歩道(Promenade sentimentale)」となっていたが、後にこのタイトルへ変えられた。

参照URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%AD%A3_(%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3)

9.エリーゼのために

参照URL:https://www.youtube.com/watch?v=k_UOuSklNL4

バガテル『エリーゼのために』(独:Fur Elise)は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの作曲した、よく知られたピアノ曲である。1810年作曲、イ短調。ロンド形式。WoO59の番号が与えられている。

参照URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB

10.弦楽セレナード、ハ長調

参照URL:https://www.youtube.com/watch?v=pwATICn_sJI

弦楽セレナード ハ長調 作品48は、ピョートル・チャイコフスキーが1880年に作曲した弦楽オーケストラのための作品。チャイコフスキーの代表作の一つとして広く親しまれている。この作品は、チャイコフスキーがモスクワ音楽院に着任した時からの親友コンスタンチン・アルブレヒト(1836年 - 1893年)に捧げられた。アルブレヒトは音楽院でチェロの教授であった。

参照URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%87_(%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC)

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ