永久脱毛は医療機関だけ!?エステサロンや自宅ではできないの?

永久脱毛ってエステサロンでできるんじゃないの?

どうも、A級脱毛やB級脱毛があってA級はすごい脱毛のことだと思っていたマツボックリです。

それはそうと、永久脱毛は高い費用を払って一度脱毛すればもう二度とムダ毛が生えてこないようになると思っている人も多い事でしょう。

しかしその考えは間違いで、永久脱毛といっても一生ムダ毛が生えてこなくなるわけではありません。

しかも、永久脱毛は医療機関での医師の施術意外は法律で規制されていて、エステサロンや自宅で出来る脱毛器具なんかでは出来ないことになっているのだとか。

スポンサードリンク

永久脱毛とは

一度脱毛してしまえば、もう二度と毛が生えてこなくなるというのは間違いで、永久脱毛をしてもある程度は後から毛が生えてくることもあります。

そして永久脱毛の定義は曖昧で、これと決まったものはありません。

とは言うものの、海外では「施術後1ヵ月で20%以下の毛の再生率の脱毛」や「3回の施術後に6か月経っても3分の2の毛が減っている事」などを基準をクリアしているものを永久脱毛だとしているようです。

永久脱毛ができるのは医療機関のみ

二度と毛が生えなくなるというわけではないものの、永久脱毛は効果が強い脱毛であることに違いはありません。

そしてレーザー脱毛や光脱毛などにかかわらず、毛根や毛乳頭を破壊する程の強い効果を持つ脱毛器具を医師以外が使う事は法律で規制されているのです。

つまりエステ(脱毛)サロンや自宅で出来る脱毛グッズなどでは永久脱毛ではないという事になりますね。

白衣の医師

法で規制されていてサロンなんかでは永久脱毛とは言えないので、「徹底的に脱毛」とか「全身脱毛や部分脱毛でツルツルに」とかの表現を使う事が多いようです。

本来脱毛とは、毛根や毛乳頭を破壊する事(人体を傷つけること)で、医療行為とされています。

なので脱毛サロンなどで行われている脱毛は、人体(皮膚や毛根、毛乳頭)に傷つけない程度の、除毛や減毛ということになります。

サロンでは効果が薄い?

脱毛サロン

強い効果の脱毛が医療行為であるならば、脱毛サロンではスベスベの肌になれないのか?

結論から言うとそんなことはありません。

医療機関の永久脱毛と比べると、毛の再生率や脱毛にかかる期間など多少の効果の違いはあるものの、ムダ毛が気にならない程のツルツルの肌に仕上げる事は可能です。

自宅での脱毛は効果が薄い?

現在では様々な会社から脱毛器具が売り出されていますが、やっぱりそういったグッズでの脱毛は効果が薄いのでしょうか。

剃ったり抜いたりという方法での脱毛グッズなら、一時的(数日間)にはツルツルの肌にすることもできますが、再び毛が生えてきた時に※毛嚢炎となってしまう事もあります。

自宅での脱毛器具

光を当てたりして毛が生えてこなくするという類の脱毛器具は、はっきり言って効果がない物も結構多いです。

数千円で買えるような脱毛器具で、しかも自宅で脱毛ができるのであれば、高い費用がかかる脱毛サロンや医療機関での永久脱毛は流行りませんよね。

高額なものであれば、多少の脱毛効果を感じる事はできるかもしれませんが、色々なグッズを買いあさって試すお金があるのなら、脱毛サロンや永久脱毛の施術を受けた方が確実に脱毛できるということになります。

※毛嚢炎(もうのうえん)とは

毛嚢炎とは、毛を剃ったり抜いたりした部分にできることのある、ニキビのようなもののこと。

新しく生えてくる毛が毛穴の内側を傷つけてしまい、そこにブドウ球菌が感染して引き起こされる病気です。

皮膚が盛り上がって赤い炎症となって、悪化すると白い膿が溜まります。ニキビ同様に潰すと跡になる事もあります。

スポンサードリンク

脱毛クリーム

脱毛グッズの中にはクリームで脱毛するというものがありますよね。

クリームでのムダ毛処理は、正確には脱毛ではなく除毛ということになります。

除毛クリーム

クリームを塗る事で、肌の表面にある毛を溶かすことでムダ毛を処理するという方法ですね。

基本的には普通にカミソリで剃っているのと変わりありませんし、毛根自体にダメージを与えて毛を薄くするという方法ではないため、数日後には再び毛が生えてきます。

中には使い続ければ毛を薄くする効果を得られるものもあるようですが、脱毛クリームで永久脱毛をすることは不可能です。

メンズ脱毛

最近では男性でも脱毛をしたいという人も結構増えてきていますよね。

全身の永久脱毛から、ヒゲを剃るのが面倒で部分脱毛でヒゲだけ生えないようにしたいという人まで様々です。

そういった男性向けの脱毛サロンも増えてきていて、「ダンディハウス」や「ゴリラ脱毛」なんかが有名ですよね。

医療機関での永久脱毛なら男女共に受ける事ができますが、脱毛サロンには女性専用だったりするところもあるので注意が必要です。

ヒゲ脱毛は痛い?

脱毛をしたいという男性の多くはヒゲが原因ですよね。

髭剃りは男性特有の悩み(稀に女性でも髭剃りする人もいますが)で、肌が弱い人はカミソリ負けして髭を剃るのが億劫になったりしますよね。

だからといって無精髭(ぶしょうひげ)を生やしているとだらしないと言われ、格好よく形を整えるとなると普通に剃るよりも面倒。

それならいっそ生えないように脱毛したいと思うものです。

髭脱毛

よく髭脱毛は痛いと言う人がいますが、そもそも医療機関での永久脱毛や脱毛サロンでの専用機器を使っての脱毛は痛いものです。

しかし、男性のヒゲは男女含めて全身の体毛の中で最も濃い毛なので、脱毛の中で一番痛みを伴う部位だということです。

その痛みに耐えきれず、途中で脱毛を諦めてしまう人がいる程の痛みなのだとか。

VIOラインの永久脱毛

VIO脱毛とは、いわゆる女性器周辺の脱毛のことで、Vライン・Iライン・Oラインとそれぞれの脱毛する部位を指しています。

しかし最近では、VIO脱毛を希望する男性も増えてきていて、女性だけでなく男性でも性器周辺の陰毛などを脱毛するときはVIO脱毛と言います。

VIOライン

VIO脱毛は恥ずかしい

男女問わずVIOを永久脱毛をする時は、施術する医師やスタッフに性器をガン見されるわけですから、恥ずかしいと感じるのが普通です。

さらに施術中には性器を触られるので、男性なら勃起、女性なら濡れてきてしまうという人も結構多いのです。

ただ見られるだけでも恥ずかしいのに、生理現象とは言えそんなことになったらさらに恥ずかしいと思うかもしれません。

しかしスタッフの人達からすると見慣れた光景で、よくある事なのだと割り切っているので、あまり気にすることはないそうです。

Vラインの形

IラインやOラインに関しては完全に脱毛するのが普通ですが、Vラインに関しては完全な無毛状態だけでなく形を整えるだけという人も多いようです。

Vライン脱毛の形は色々あって、VIO脱毛をしていると分からない程度に形を整えるものから、完全な向け状態や棒状に整えるような奇抜なものなど様々です。

海外の女性や国内でもAV女優や風俗店で働く人なんかは結構奇抜な形を選ぶ人もいますが、一般的には「逆トライアングル型」や「エッグ型」など自然な形を選ぶ人が多いようですね。

永久脱毛の効果

女性医師

上述した通り、永久脱毛とは医療機関でしか受ける事ができません。

なので、現在の脱毛サロンなどで行われている脱毛方法よりも効果は高いと言えます。

どのくらいで効果が表れるのかについては、個人差(毛の太さや濃さ)がありますが、一般的な女性のワキ毛の濃さ程度なら3回程施術を受ければ徐々に毛が薄くなってきているのを感じるようです。

そして5回も通えばほとんど毛が生えてこなくなります。

永久脱毛の期間と間隔

脱毛が完了するまでの期間についてですが、これもまた個人差があって、毛が濃い(量が多い)人は施術の期間は長くなり施術を受ける回数も多くなります。

そして施術を受ける間隔(タイミング)については、1度の施術から次の施術を受けるまでは1ヵ月~3ヵ月程度の間隔をあけるのが普通です。

なぜそれほどの間隔をあける必要があるのかというと、毛が生えるサイクルに関係があります。

時間

毛が生えるサイクルは「成長初期」「成長期」「成長後期」「退行期」「休止期」があって、成長初期から休止期まで一連の流れで生え変わります。

そして基本的に永久脱毛の医療レーザーは成長期の毛にしか効果がないので、一度施術を受けると次の施術は新たな成長期の毛が出てくるまで待たなければならないのです。

焦って短期間に何度も施術を受けても、肌にダメージを与えるだけで意味がないということですね。

一般的な女性のワキ毛だと5~6回の施術で自己処理が必要ない程度まで、さらに完全にツルツルになるまでだと10回ほどの施術が必要になると言われています。

期間にすると、1年~1年半程度かかるという事になります。

全身脱毛

永久脱毛(医療脱毛)でVIOを含む全身脱毛をする場合の相場は、30万円~70万円程度かかると言われています。

クリニックにもよりますが、100万円以上の費用が必要な場合もあります。

全身脱毛一律〇〇万円というクリニックもありますが、基本的には毛の濃さによって通院回数や期間も変わってくるので、人によって金額は上下します。

個人差はありますが、全身脱毛にかかる期間はだいたい2年くらいと言われていて、一度の施術は1時間~2時間程度で終了します。

そして一度の施術で全身を一気に脱毛するのではなく、部位ごとに分けて施術を受けるのが一般的です。

部分脱毛

部分脱毛の場合は、脱毛したい部位によって金額や期間も変わってきますが、脇の永久脱毛であれば10万円程度が相場でしょう。

もちろん脱毛したい部位が多ければそれだけ金額は増えていきますが、気になる部位が少ないのであれば部分脱毛の方が良いと思います。

しかし、後々になってあっちもこっちもと増えていくと結果的に全身脱毛より高くつくこともあるので、気になる部位が多い人は思い切って全身脱毛した方がよさそうです。

関連記事

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ