抜け毛対策に育毛剤を使うのは間違い|正しい抜け毛対策とは

抜け毛が気になる

どうも、抜け毛の対策に余念がないマツボックリです。

ところで皆さんはどんな抜け毛対策をしていますか。

良かれと思ってやっている事でも実は髪や毛根にダメージを与えてしまうような、間違った対策をしている人って結構多いんです。

間違いだらけの抜け毛対策に終止符を!

スポンサードリンク

間違った抜け毛対策

「最近抜け毛が増えてきたな・・・」「髪が薄くなってきたかも」そんな時に抜け毛を減らしたい一心でやってしまいがちな間違った対策です。

ブラシ&クシを控える

抜け毛が気になっている時に髪をとかすとクシやブラシに大量の抜け毛が!

それを見るのが嫌でクシやブラシを使うのを控える人がいますが、実はこれ何の意味もありません。

クシでとかして抜けてしまった髪の毛と言うのは「既に抜けていて頭に乗っているだけ」「抜けかけでクシで引っ張られて抜ける」のどちらかなのです。

つまり抜けるべくして抜けた髪の毛なので、仮にクシやブラシを控えていたとしても、シャンプーした時には結局すべて抜けてしまいます。

髪をとかすことで抜け毛が減るというわけでもありませんが、髪をとかすことを控えたところで抜け毛が減るという事もないのです。

シャンプーの回数

抜け毛が増えるという事は頭皮が汚れているからだ!と考えてしまいがちですが、シャンプーの回数を増やすのも間違いです。

一日の内に何度も髪を洗うと、本来は頭皮を守るために必要な皮脂を必要以上に洗い流すこととなってしまいます。

皮脂が足りない状況が続くと、身体が反応して皮脂の分泌量が増えて脂性になってしまうのです。

過剰な皮脂の分泌で毛穴がつまってしまい、結果的に抜け毛が増える原因となってしまうので、シャンプーは1日1回に留めておきましょう。

皮脂は多すぎても少なすぎても抜け毛の原因に繋がるというわけですね。

優しくシャンプーをする

「クシやブラシを使って髪をとかすことを控える」事と同じ内容となりますが、シャンプーで抜ける髪の毛は、抜けるべくして抜ける髪なので、そぉ~っとシャンプーをして抜けないようにしていても、結局は抜けてしまう髪の毛なのです。

失ったものばかり数えるな

それどころか抜け毛を気にしてしっかりとシャンプーしないと、頭皮の汚れを落とせずに毛穴がつまってしまい、今ある髪の毛も抜けてしまう原因となってしまいます。

ないものはない

抜け毛を減らしたいのであれば、しっかりと汚れを落として今ある健康な髪の毛を大切にしなければならないということですね。

髪を短く切る

髪の毛が長いと、重くて毛根に負荷がかかっていると考える人もいます。

髪を短く切る事で抜け毛が減ったように感じるかもしれませんが、それは視覚的に目に見えにくくなっているだけで、抜け毛の量が減っているわけではありません。

髪を短くすること自体は悪い事ではありませんが、抜け毛対策には全くなっていないということです。

そして「毛を剃ると濃くなる」という迷信を信じて髪を剃ってしまう人もいますが、これも間違いです。

毛を剃っても濃くなることはありませんし、カミソリなどで剃ってしまうと頭皮を傷つける原因となるので逆効果です。

スポンサードリンク

頭皮マッサージ

これに関しては、頭皮マッサージ自体が良くないというわけではありません。

頭皮マッサージは頭皮の血行を促進して頭皮を柔らかくする効果があるので、正しい抜け毛対策と言えます。

しかし、頭皮マッサージはやり方を間違えると抜け毛が増える原因ともなってしまうのです。

頭皮を叩いたり、爪を立てて刺激したりといった方法でのマッサージは間違いです。

海藻をたくさん食べる

ワカメやヒジキは髪に良いと言われていますよね。

確かにそう言った海藻にはミネラルが豊富に含まれていて、髪に良い事は事実です。

しかし、髪にツヤが出るとかそう言う意味での「髪に良い」なので、海藻をたくさん食べても抜け毛が減る事はありません。

海藻を食べる事で抜け毛が増える事もありませんが、抜け毛の対策にはなり得ないということです。

育毛剤や育毛シャンプー

現在では多くの育毛剤が販売されていますが、ほぼ全ての育毛剤や育毛シャンプーは抜け毛を減らすことはできません。

数々の育毛剤や育毛シャンプーを試してきた私が断言します。

それは、通販のものであろうが市販のものであろうが違いはありません。

現在販売されている薄毛治療薬で効果が認められているのは「ミノキシジル」「フィナステリド」この2つの成分が配合されている物だけです。

フィナステリドとミノキシジルについてはこちらをご覧ください。

スポンサードリンク

正しい抜け毛対策

正しい抜け毛対策と言っても、これをすれば抜け毛がおさまって髪が生えるというわけではありあません。

「これ以上抜け毛を増やさないために」と言う予防程度の対策なので、「抜け毛が減る」のではなく「抜け毛を増やさない」という目的です。

頭皮を洗う

シャンプーというと「髪を洗う」というイメージの人もいるかと思いますが、本当に洗わなければならないのは「頭皮」です。

シャンプーの時は爪を立てないように、指の腹で頭皮を軽く揉み込みながら洗う事で、毛穴の汚れを落とすことができます。

毛穴のつまりは抜け毛が増える原因となるので、しっかりと汚れを落とすことが大切です。

ただし、あまり力を入れてゴシゴシと洗いすぎないように注意が必要です。

生活習慣を見直す

不摂生、睡眠不足、喫煙&飲酒、これらは全て抜け毛が増える原因となります。

特にアルコールを大量に飲んだ次の日は、抜け毛がひどいという経験をしたことがある人も多い事でしょう。

慢性的な悪い生活習慣を改善することで、抜け毛を増やさない事が大切なのです。

不摂生に関してはサプリメントで栄養を補うという手段も有効ではありますが、不必要な栄養を摂りすぎないという事の方が大切です。

1日の抜け毛の平均本数

抜け毛はどんなに健康な髪や頭皮の人でも絶対にあるものです。

しかし、抜け毛の量が多くなることで、髪全体が薄くなってしまうという事が問題なのです。

ではどこからどこまでが正常な抜け毛の本数で、どこからが異常な抜け毛の本数なのかということですが、1日に抜ける髪の毛の本数は100以内が正常であると言われています。

100本と聞くと結構多いと感じる人もいるかもしれませんが、1日24時間の間には結構気付かない内に髪は抜けています。

寝ている時、寝癖を直している時、シャンプーの時、ドライヤーで乾かしている時、何もしていない時、全てを数えるのは難しいですが、簡単な方法はシャンプーの時の排水溝に溜まった抜け毛を数えることでしょう。

1日100本以内が正常な抜け毛の範囲とされていますが、薄毛の傾向にある人はシャンプーの時だけでも100本以上の髪の毛が抜けたりします。

髪の毛100本

写真で見ると気持ち悪いですが、髪の毛100本というと大体このくらいです。

スポンサードリンク

まとめ

誠に残念ながら正しい方法であっても、抜け毛の対策をしただけでは髪の量は増えません。

しかし抜け毛の対策をしないと薄毛の進行速度が早まってしまうので、やらないよりはマシという程度です。

ただし間違った対策をしてしまうと逆効果となってしまうこともあるので、正しい方法で対策を行う必要があるということですね。

関連記事

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ