足の臭いをとる方法!消臭や殺菌だけでは臭いは取れない!

足の臭いの原因はこれだった!?

どうも、足の臭さに定評があるマツボックリです。

足の臭いが取れない時って、どんなに洗っても、どんなに消臭グッズで消臭したとしても、すぐにまた臭くなりますよね。

とは言うものの、現在の私の足は全然臭くありません。

そんな私がしつこい足の臭いと決別した方法をご紹介します。

スポンサードリンク
ティノンアンケート訴求

しっかりと洗う

足が臭くなる理由は、足にかいた汗を細菌が分解することで発生すると言われています。

そして足の裏は汗腺の数が多く汗をかきやすい部位なので、臭いが発生しやすいのです。

さらに、臭いを発生させる原因の細菌は体の常在菌なので、100%殺菌する事はできません。

なので出来るだけしっかりと、こまめな洗浄で汗を洗い流すこと、そして菌の繁殖を防ぐこと、というのが臭い防ぐ対策の一つとなります。

特に足の親指の爪の端っこには、菌が繁殖しやすいので入念な洗浄が必要です。(爪を短く切るのも一つの対策です)

はっきり言って、このくらいの事は足の臭いを気にしている人なら誰でもやっているとは思いますが、こまめに洗浄するというのがポイントです。

食生活

脂っこい物や肉類、そしてニラやニンニク等を好んで食べる人は、体臭がきつくなる傾向にあります。

これは口臭だけでなく脇や足の裏にも関係があるので、臭いのきつい物をよく食べる人は足の裏も臭くなりやすいということになります。

つまり日々の食生活を改善することで、体臭をコントロールすることが出来るというわけです。

とは言うものの、そういった食べ物を絶つ事は難しいので、一度に食べ過ぎない事と食べる頻度の抑える事が大切です。

消臭グッズで消臭

夏場には多くの消臭グッズが販売されるようになるので、夏場だけ消臭グッズを使っている人も多いのですが、そもそも足の裏は夏じゃなくても大量の汗をかく部位です。

なので、冬場など寒い時期でも常に消臭グッズが必要な場所と言えるわけですね。

そして使う消臭グッズは香り付きのものでなく、無臭で殺菌効果のあるものがおすすめです。

さらに言うと、スプレータイプではなく、クリーム状の塗り薬の方が効果は高いと言えます。(これは公式なデータに基づくものではありませんが、色々な消臭グッズを試した私の経験上のお話です。)

スポンサードリンク
デトランスα

靴や靴下の交換(ここ重要)

ここを見落としている人が多いのですが、いつも足が臭い人のほとんどはこれが原因です。

どんなに足をきれいに洗っても、どんなに頻繁に消臭していても、靴や靴下に菌が繁殖して臭いが染み付いていては、全くの無意味です。

靴下は浸け置き洗いでしっかり殺菌すること、そして靴は消臭グッズで消臭するだけでなく洗剤を付けて水洗い、そうしないと靴や靴下の菌は除去することはできません。

出来る事なら一度菌が繁殖して、臭いが染み付いてしまった靴は捨ててしまうのが一番ですが、しっかりと洗って天日干しすれば靴の臭いは大分取れます。

ちなみに通気性の良くない蒸れやすい履物は菌が繁殖しやすい環境となりやすいのですが、これは通気性の悪い靴だけでなく履物全てに言える事で、通気性が良いサンダルなんかでも、よく履く物には臭いが染み付いている場合があります。

仮に毎日新品の靴に履き替えれば、数日後には足の臭いはなくなっているでしょう。

まとめ

足が臭い人のほとんどは、普段履いている靴や靴下に菌が繁殖していて、臭いが染み付いている。

どんなにキレイに洗っても、どんなに入念な消臭対策を行っていたとしても、履物が臭かったら足は臭くなる。

足をきれいに洗って消臭する事や食生活を見直す事と並行して、履物を新しい物と交換すること(もしくは清潔な状態に保つ事)が大切です。

関連記事

Comment Box is loading comments...
スポンサードリンク
デトランスα

ページの先頭へ