足指の皮がむける!でも痒くない・・・これって水虫?

痒くないけど足の皮がむける

どうも、足の指の皮が浮いて白くなってむけるという体験をしたことがあるマツボックリです。

全然痒みもなかったので当時は特に気にしていませんでしたが、今となってはあれは水虫だったのでは?と不安になって調べてみました。

しかし水虫と言えば「痒い」というイメージですよね。

そして病院へ行ったり治療薬を使ったわけでもないのに、現在は足指の皮がむけるという現象は治まって普通の状態になっています。

スポンサードリンク

水虫の種類

水虫と言っても色々種類があるようです。

そして水虫のタイプによって症状やできる部位も違うようです。

①趾間型・足の指の間にできて痒みがある。市販の水虫薬のCMなんかでよく見るタイプですね。

②小水疱型・足の裏や横部分に水ぶくれができて痒みがある。

③角質増殖型・足の裏、特にかかとの角質が分厚くなってガサガサになりひび割れたりする。そして痒みはない。

④爪白癬・爪が白くなる。爪自体に痒みはないが、爪の周りに痒みを感じる事もある。

ここで注目して欲しいのが痒くない水虫もあるということです。

水虫の自然治癒

私の足指の皮がむける現象は何もしなくても治っているので、そもそも水虫は自然治癒する事はあるのか?という事について調べました。

調べによると、水虫は白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が皮膚に感染して繁殖する皮膚の疾患で、人間の免疫力によって治癒する事はないそうです。

つまり水虫を放置していても自然に治る事はないということですね。

しかし、免疫力によって水虫の原因菌を撃退することは出来なくても、特に治療らしい治療をしてなくても知らず知らずのうちに水虫が治っているという事はあるようです。

それはどんなケースかと言うと、お風呂での熱湯殺菌です。

熱湯と言っても、人が耐えられるほどの熱さのお湯で、熱めのお風呂に入っていたり足湯したり(具体的には45℃以上)すると、水虫の原因である白癬菌は死滅するらしいのです。

つまり集めのお湯に浸かる習慣のある人は、気付かない内に水虫が治るということもあるということです。

ちなみに、私は45℃以上の熱めのお湯に浸かるという習慣はありませんでした。

ということは・・・

私の足指の皮がむける現象は水虫ではなかったという事になります

原因は水虫だけじゃない

これまで、痒くはないが足指の皮がめくれるという現象が水虫なのではないか?と危惧していた私ですが、どうやら水虫ではなかったようです。

では水虫以外で、どんな状況になると足指の皮がむけるのか?という事について調べてみました。

汗でむれる

長時間お風呂に浸かっていると、皮膚がふやけて皮がめくれるという現象と同じですね。

多汗症で汗をかくことが多い場合や、緊張やストレスによって手足によく汗をかく人は皮膚がふやけてめくれるという事がよくあるようです。

おそらく私の足指の皮がむける現象はこれだったのではないかと思います。

手汗も足裏の汗もよくかく上に、靴を履いて爪先付近がかなり蒸れている状態が長時間続くという事がよくありました。

おかげで足が臭いのが悩みでもありました(笑)

乾燥

乾燥で皮膚がめくれるというパターンもあるようです。

私の場合は汗っかきなのでこれが原因ではなさそうですが、乾燥が原因で足の皮がむける場合は、足指だけでなく足全体が乾燥して皮がめくれることが多いようです。

汗疱状湿疹

汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)は手や足にできる皮膚疾患で、痒みを伴うことから水虫とよく間違えられる疾患のようです。

私の場合痒みは全くなかったのでこれが原因ではなさそうですが、汗っかきの人はなりやすいようです。

原理としては汗をかいた時に全て体外に排出されずに、一部が皮膚の内側に溜まってしまう事で小さな水ぶくれとなり、手や足の皮がめくれるという事のようです。

水虫は白癬菌というカビが原因なのに対して、汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)何が原因で症状が出るのか分かっていないそうです。

まとめ

足指の皮がめくれる原因は水虫だけではないが、痒みを感じない水虫もある。

水虫の場合は、免疫力によって自然治癒することはないので、治療が必要。

私マツボックリの足指の皮がむける現象は水虫が原因ではなかったが、汗っかきでよく足がムレるので足が臭い。という事でした(笑)

関連記事

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ