激落ちくん(メラミンスポンジ)で歯磨き|ホワイトニング効果

歯磨きをする女子

どうも、タバコのヤニで歯が黄色いマツボックリです。

今回は巷で噂されている「激落ちくん」のようなメラミンスポンジで歯磨きをすると、ホワイトニング効果がある!という事についてです。

しかし、調べてみると衝撃の事実が明らかに!

スポンサードリンク
ブラントゥース

激落ちくん(メラミンスポンジ)

激落ちくんと言えば、水を付けて擦るだけで汚れが落ちるというお掃除アイテムですよね。

このような洗剤など必要なしで、スポンジで擦るだけで汚れを落とせるアイテムのことをメラミンスポンジと言います。

メラミンスポンジは激落ちくんだけでなく、100均でも似たようなものが売っていて、薬局やスーパーでも簡単に手に入れる事ができます。

激落ちくんで歯磨き

その激落ちくんで歯を磨くと歯医者でホワイトニングしたかのような、真っ白な歯になるという噂があるのです。

100円で買えてしまうようなスポンジで歯が真っ白になるなら、夢のような話しですよね。

実際に激落ちくんのようなメラミンスポンジで歯を磨くとどうなるのか?という事ですが、数日間磨き続ける事で本当に歯が白くなるようなのです。

が、しかし!!

実はこれ、絶対やってはいけない事らしいのです。

お財布にも優しくて、真っ白な歯になるなら良い事じゃないか!と思うかもしれませんが、本当に危険なので絶対にやらない事をおすすめします。

ではなぜメラミンスポンジで歯を磨くとダメなのか?という事についてですが・・・

なぜなのか?

激落ちくんのようなメラミンスポンジの汚れを落とす原理に問題があるのです。

普通汚れを落とすというと、洗剤などで汚れを浮かせて拭き取るというのが一般的ですが、メラミンスポンジはスポンジ自体に研磨剤が含まれています。

なので、汚れを落としているというより削り取っているという方が正しい表現なのです。

もうなんとなく想像できるかと思いますが、メラミンスポンジで歯を磨くたびに、汚れと一緒に歯そのものが削れているという事になるわけですね。

人の歯はエナメル質という物質でコーティングされていて、このエナメル質が削り取られることで「虫歯になりやすい歯」や「知覚過敏」などが引き起こされるわけです。

歯を削れば神経がむき出しになって「知覚過敏」になってしまう。そして、エナメル質が削れた歯では、酸に弱く虫歯になりやすいということなのです。

エナメル質が削れるとどうなる?

メラミンスポンジで磨くとエナメル質が削れてしまうという事はわかりますが、虫歯などでエナメル質が溶けるという事もありますよね。

じゃあ一度歯のエナメル質がなくなってしまうと、「一生知覚過敏や虫歯のリスクを背負う事になるの?」という事についてですが、実はそうではありません。

エナメル質は口内を適切な環境に保つことで、再生します。このエナメル質が再生する現象を「再石灰化」と言います。

「再生するなら激落ちくんで歯磨きしてもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、そうではありません。

再石灰化

食事をすることで、口内が酸性に傾くと歯のエナメル質は溶け始めます。

つまり食事をすることで確実に歯は溶けているという事になりますが、再石灰化によってエナメル質の再生が行われることで歯の健康は保たれています。

そして、再石灰化が始まるまでの期間は、食後10分くらい経過してから始まると言われています。

しかしメラミンスポンジで歯を磨くことでエナメル質を削り取ってしまうと、再石灰化が追い付かないので歯を守れない状態となってしまうのです。

ホワイトニング

激落ちくんで磨くとエナメル質ごと削り取って歯が白くなるのに対して、歯医者でやってもらえるホワイトニングは汚れを落とす原理が異なります。

本来のホワイトニングは歯そのものを削る事なく、歯に付着した色素を分解して落とすことで、歯の白さ取り戻すという方法なのです。

現在ではホワイトニングという呼び名が定着していますが、色素を抜き取るという事からブリーチングと呼ばれていたそうです。

スポンサードリンク
LillyWhite(リリーホワイト)

まとめ

激落ちくん等のメラミンスポンジで歯を磨くと、歯が削れて白くなるので危険!

歯医者でやってもらえるホワイトニングは、歯を削る事なく色素を分解する方法なので安全!

結論!!  激落ちくん等のメラミンスポンジで歯を磨く方法は・・・

「ダメ!絶対!!」

関連記事

Comment Box is loading comments...
スポンサードリンク
LillyWhite(リリーホワイト)

ページの先頭へ