二の腕のブツブツを治す為に|原因は何?市販薬は有効?

二の腕がきれいな女性

二の腕のブツブツって何が原因でできるんでしょう。ザラザラして見た目も良くないので出来る事なら治したいですよね。

二の腕のブツブツ

どうも、二の腕にブツブツがあるマツボックリです。

この二の腕にできるブツブツ、サメのザラついた肌に似ている事から「サメ肌」なんて呼ばれたりしますが、正しくは「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」とか「毛孔性角化症(もうこう せいかくかしょう)」と言うそうです。

私は男なので重大な悩みという程でもありませんが、女性なら結構な悩みの種になるのかもしれませんね。

「夏場に二の腕を露出した服を着られない」とか「恋人に見せるのが恥ずかしい」とか思う物なのでしょうか。

まあでも美しいスベスベの肌に憧れる女性は多いでしょうし、最近では男性でも美意識が高い人も増えてきているので腕がブツブツなのは嫌だって人は多いのかもしれませんね。

というわけで、二の腕がブツブツになる原因と治し方について調べてみました。

症状

蕁麻疹のような感じで皮膚全体にブツブツができて、触るとザラついた感触です。

二の腕にできる人が多いようですが、太ももの付け根や肩から背中にかけて広範囲に症状が出る人もいます。

ちなみに私マツボックリは二の腕と背中がブツブツです。

私自身は特に痛みを感じる事はなく、痒いと感じる事もありませんが、稀に軽度の痒みや痛みを感じる人もいるようです。

時期

主に成長期や思春期に発症しやすいと言われていて、大人になるにつれて症状が治まっていく場合もあるそうですが、大人になってもブツブツのままの人もいます。

ちなみに私マツボックリも子供のころから二の腕がブツブツで、大人になった今でもブツブツのままです(笑)

スポンサードリンク
ピュアルピエ

ブツブツができる原因

実はこの症状になる原因は正確には明らかになっていないそうなのです。

が、しかし!「どのようにしてブツブツができるか?」という事についてはわかっています。

まず正常な状態であれば、皮膚の角質は古くなると自然に剥がれて新しい細胞へと生まれ変わります。

しかし毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)になる人は、この角質が生まれ変わるサイクルに異常があるため、古い角質がうまく剥がれないのです。

そして毛穴に古い角質が詰まることで皮膚が盛り上がってくる、というのが二の腕にブツブツができる経緯だそうです。

なんだかニキビができるまでの流れと似ていますよね。

そしてこの毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)は、遺伝によって発症するだとか肥満体質だと発症しやすいだとか言われていますが、明確な原因とは言えないそうです。

ホルモンバランスが崩れることで発症するとも言われていますが、これもまた確定的な原因とは言えません。

治す方法

二の腕のブツブツを治す為にはビタミンCを含んだ薬を塗る事で徐々に改善していくと言われています。

ビタミンCを肌に浸透させることや、保湿することで角質のサイクルを正常に戻すという役割があります。

毛孔性苔癬(二の腕のブツブツ)によって、痒みを感じる人は保湿性のクリームを塗る事で痒みを軽減することもできるでしょう。

ちなみに、私もニノキュア等の市販薬でのケアを試みたことがありますが、それ程大きな悩みではないという事から毎日のケアが面倒になって、1週間と経たずにすぐ止めてしまったので今でもブツブツは健在です(笑)

肌が生まれ変わるターンオーバーのサイクルは、正常な場合で1ヵ月程度と言われているので、古い角質が剥がれにくい毛孔性苔癬(二の腕のブツブツ)の人は2ヵ月くらいはクリームを塗り続けないと効果を感じられないのかもしれませんね。

なので、ビタミン入りのローションや薬での治療は自宅でもできますが、根気よく続ける事が必須なので、毎日欠かさずに塗り続ける事が面倒だと感じる人には向かないかもしれません。

塗り薬以外での治療方法と言えば、美容皮膚科でのレーザー治療という手段がありますが、当然市販薬を購入して塗り続けるよりも格段に費用がかかってしまいます。

しかし、レーザー治療は数回行えばブツブツが治ってスベスベの肌になるらしいので、効果は抜群らしいです。

スポンサードリンク
ピュアルピエ

まとめ

原因は明らかになっていないが自力での治療は可能で、ビタミンCを含む保湿性のクリームを根気強く塗り続けることでブツブツはなくなっていく。

何もしなくても思春期を過ぎると勝手に治っていく人もいる。

あまりにも症状がひどい場合は、専門機関でのレーザー治療で治すことも可能。

ということでした。

関連記事

Comment Box is loading comments...
スポンサードリンク
ニキビ跡LP

ページの先頭へ