顔や頭ばかり汗をかく原因と汗を止める対策方法

顔や頭ばかり汗が出る

これって病気なの?顔や頭からばかり汗が出る原因と、顔汗・頭汗を止めるための対策について

スポンサードリンク

顔や頭からだけ汗をかく

どうも、マツボックリです。最近めっきり暑くなってきましたね。

暑いと汗をかくというのはごく自然な現象です。

しかし最近の私は体からは殆ど汗が出ないのに顔や頭からは滝のように汗が出る、という状態で不安を感じて色々調べてみました。

汗をかくというのは、体温の調節をするために本来人間に備わっている機能です。

その汗が出ないと言うのは正常に体温調節ができない状態。つまり病気なのでは?と思ったわけです。

顔汗・頭汗がひどくなる原因

なぜ顔や頭からばかり汗が出るのか?という事についてですが、結論から言うと運動不足が原因のようです。

人間にはエクリン腺という汗腺が体全体にあって、そこから汗が出るという仕組みになっています。

そして汗が蒸発する時に同時に体の熱を逃がして体温を下げるというのが、汗をかくことでの体温調節というわけですね。

しかし、普段運動をしていないと汗をかく機会がほとんどなく、体のエクリン腺が休眠状態となって閉じてしまう事で体から汗が出にくくなってしまうというわけです。

ではなぜ体のエクリン腺は閉じてしまうのに頭や顔のエクリン腺閉じないのか?

頭部には脳という人の体にとって重要な器官が備わっていますよね。

そして脳は熱に弱く最も体温調節が重要な器官であるため、頭や顔の汗腺は閉じにくいのだそうです。

スポンサードリンク

顔や頭から汗が噴き出る

私の場合は食事をした後(特に香辛料を食べた後など)や、お風呂上がりに顔や頭から汗が噴き出る事が多いです。

そして普段外に出ないので、夏場は外に出ると一気に顔汗と頭汗が出て「雨でも降ったのか?」と言いたくなるほどずぶ濡れになります。

普通なら体全体で汗をかくので、それほど気にならないようなタイミングでも、顔や頭に集中して汗をかくので汗が滴り落ちるほどの量が出るのです。

服の襟元辺りがびっしょりと濡れて絞れるくらいになってみっともないので、改善する方法を調べました。

顔汗を止める為の対策

単純に運動不足で汗をかく機会が少ないという事なので、日常的に運動をすれば体のエクリン腺が目を覚まして、ひどい顔汗は治まるようです。

つまり、日常的に汗をかく習慣があれば、顔や頭ばかりに集中して汗をかくという現象を抑えることが出来るということですね。

しかし、日常的に汗をかくほどの運動をするというのは社会人にとって(特にデスクワークの人)は難しい部分もあるので、他の方法も模索しました。

汗腺トレーニング

汗腺トレーニングとは、汗腺をを鍛えることで眠っているエクリン腺を目覚めさせるというトレーニングです。

高温浴

43度くらいの熱めのお湯に両手両足(ひじとひざ辺りまで)を15分程度浸けることで代謝が良くなり発汗を促します。

半身浴

高温浴に続けて半身浴で体全体を温めて、じっくりと汗をかくことで閉じていたエクリン腺を再び開きます。

一日や二日で症状が治るわけではないので1週間から2週間続けることで体全体の汗腺が復活すると言われています。

特に普段浴槽に浸からずにシャワーだけで済ませている人は、せっかくの汗をかく機会を失っているので、かなりの効果が期待できそうです。

エアコンを控える

夏場限定ですが、室内にいる時にエアコンの効いた部屋にいると汗をかく機会を失っているということなので、極力エアコンを切って過ごすことで全身のエクリン腺が目を覚まします。

しかし、汗をかきにくく体温調節がままならない状態で長時間暑い場所にいると、貧血や熱中症のような状態となってしまうので、徐々に体を慣らしていく必要があるようです。

食生活の見直し

代謝を上げる食品を積極的に摂取していくという方法です。

基礎代謝が上がれば良質な汗をかきやすい状態となるので、顔や頭だけに集中して汗をかかないようになるようです。

代謝を上げる食事と並行して、冷たい飲み物を控えて温かい飲み物を飲むというのも効果的だと言われています。

関連記事

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ