体臭が気になる夏の対策!汗臭い原因は汗の種類にあった!?

汗を拭う男性

そろそろ夏本番って感じですよね!皆さんは臭いの対策してますか?

スポンサードリンク

臭いの原因は汗の種類

「汗」と聞くと臭いってイメージの人は多いと思います。

しかし汗をかいても臭わない人っていますよね?

どうして臭いがきつい人とそうでない人がいるのか疑問に感じる方も多い事でしょう。

実は人の汗には2種類あって、その種類によって臭いが発生するか否かが決定しています。

2種類の汗とは汗腺の種類によって汗の性質が違うということです。

人の体には「エクリン線」と「アポクリン線」という2種類の汗腺があって、どちらからの汗なのかで臭いの有無が変わるのです。

エクリン線

エクリン線から分泌される汗は、そのほとんどが水で、それ以外に塩分やカリウムなどが含まれています。

そしてエクリン線は手のひらから足の裏に至るまで体全体のほぼ全ての皮膚にあるのが特徴です。

アポクリン線

アポクリン線は、ワキ・乳首・陰部など局所的に多く、アンモニアやタンパク質など臭いの原因となる成分を含んでいます。

ただし、アポクリン線の汗自体にはそれほど強烈な臭いはなく、汗が細菌に分解されることで臭いが発生します。

臭いがある人とない人

誰の体にもアポクリン線とエクリン線があって、臭いの原因となるのはアポクリン線から分泌される汗なのですが、汗臭くなりやすい人となりにくい人の違いはその数が多いか少ないかという事です。

生まれつきアポクリン線の数が多い人は、汗をかくことで腋や陰部に常駐する細菌によって汗が分解されて臭いが発生しやすいという原理なのです。

ちなみにアポクリン線の数が少ない人でも、全くないわけではないので汗をかいて放置すれば多少の臭いは発生します。

「ワキガ」や「すそわきが」と呼ばれる人は、このアポクリン線の数が異常に多いため、ちょっと汗をかいただけでも臭いやすいということですね。

スポンサードリンク

自分の臭いはわからない

よくワキガの人は自分では気付きにくいなんて事を言いますが、これは事実です。

人間の鼻、というか嗅覚には「同じ臭いを嗅ぎ続けるとその臭いを感じなくなる」という特徴があります。

皆さんも経験があるかと思いますが、外食へ行った時に店の外や店に入った瞬間はいい匂いがしていたのに、しばらく店内にいると匂いを感じなくなったというのが良い例です。

同じように常に体臭がする人は、いつも同じ匂いを嗅ぎ続けているので自分の臭いには気づきにくいということですね。

お風呂できれいに体を洗ったとしても、お風呂上りには多量の汗をかくのですぐに臭いが戻ってしまうという人はなかなか自分では気付けないのです。

同じ理由で口臭なども常に鼻と近い位置にある自分の口の臭いを嗅いでいるので、なかなか気づけないのです。

スポンサードリンク

自分の臭いに気付く人

嗅覚の慣れによって自分の臭いには気付きにくいのですが、「今自分汗臭いな」と感じた事がある人も多い事でしょう。

これは、常に体臭が発生しているわけではなく、特定の条件の時だけ臭いが発生しているので、自身の臭いに気付くという事です。

汗をかいた後にフワッと臭ってくる感覚というのがそれで、普段は体を清潔に保っている人は自分自身の体臭に気付くこともあるということですね。

対策

汗の臭いをさせないために出来る事と言えば、「汗をかかない事」と「殺菌すること」この2点だけです。

よく別の臭いでごまかすようなスプレーや香水を使っている人がいますが、これは汗臭さが別の臭いと混ざり合って、さらにきつい悪臭へと変化するだけなのでおすすめできません。

汗を抑えるために制汗スプレーを使うのであれば、出来るだけ無香料のものを使う用にしましょう。

汗を分解する原因菌を殺菌する場合は、殺菌作用のある石鹸やボディーソープで洗い流す。又は殺菌作用のあるスプレーや塗り薬を使用すると良いでしょう。

薬局やスーパーで市販されているものでも、しっかり殺菌してくれるものはあるので、出来るだけ本体裏にある表記をしっかり見て判断することをおすすめします。

関連記事

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ