すそわきがの臭いは治すことができる?原因を知って対策しよう!

ビキニの女性

裾ワキガの人は、わきが体質の人に多く、自分では気付きにくいものです。もしかして・・・と思ったら裾ワキガチェック!

スポンサードリンク

すそわきがとは

主に女性に多いとされている、陰部からワキガの臭いがするという症状です。

わきが体質の人は、すそわきがになる可能性が高いと言われています。

わきがは自分自身では気付きにくいという特徴がありますが、それはすそわきがも同じで、人から言われて初めて気が付いたという人がほとんどです。

そして女性に多いとされていますが、男性でもすそわきがになることもあるようです。

原因と対策

基本的にすそわきがの原因は普通のわきがと同じです。

わきがは脇にあるアポクリン汗腺という汗を分泌する器官から分泌された汗が、菌に分解されることで強烈な臭いを発します。

すそわきがも同様で、陰部にあるアポクリン線から汗が分泌されて、菌に分解されることで陰部に臭いが発生してしまいます。

すそわきがの人とそうでない人の違いは、体に常在している菌の種類の違いで、コリネバクテリウム属の細菌が体に常在しているか否かの違いとなります。

そして、アポクリン線の数が多いかどうかで、すそわきがになりやすい体質なのかという違いもあります。

この細菌は洗浄で取り除くこともできますし、アルコールなどで殺菌する事もできますが、100%取り除くことは不可能と言われています。

わきが(すそわきが)をケアするアイテムで、除菌や洗浄を行って99.99999%殺菌できたとしても、数時間後には元の数まで増殖してしまうのです。

対策

もちろん小まめにケアすることで細菌を抑える事は可能で、それによって臭いを限りなく無臭に近づけることはできます。

しかし、完全に原因菌を除去するためには手術によってアポクリン線を取り除いて細菌が生存できない環境を作り出すほかありません。

なので、現実的な対策としてはわきが対策同様に、できるだけ陰部を清潔に保つ事、そして、殺菌作用のあるアイテムでこまめに細菌を除去するといったところでしょう。

しかしすそわきがのケアで注意が必要なのは、脇に使うワキガ用の消臭スプレーなどは適していないという事です。

デリケートゾーンとも呼ばれるほどデリケートな部分なので、刺激が強い成分が含まれていると、かぶれたり肌のトラブルとなりえるからです。

できるだけ、刺激の少ないデリケートゾーン専用のケアアイテムを使う用にしましょう。

スポンサードリンク

すそわきがチェック

わきが同様に自分では気付きにくいので、チェック項目を参考に自分の裾ワキガ確率をチェックしてみましょう。

鼻をつまむ女性
  • 両親がワキガである
  • 耳垢に粘り気がある
  • 下着に黄ばみが付いていることがある
  • ワキガの自覚がある
  • 毛が濃い
  • 臭いを指摘されたことがある

3つ以上当てはまる人は、かなりの高確率ですそわきがの可能性があります。

ワキガは遺伝するということがデータでわかっています。両親の片方がワキガの場合、子供がワキガになる可能性は2分の1、つまり半分の確率でワキガの子供が生まれるというわけです。

両親ともにワキガの場合はさらに高い確率で、子供はワキガであると言えます。

もっと正確な診断をしてもらいたい場合は、専門のクリニックや産婦人科へ行けば自分がすそわきがなのかを確かめることができます。

スポンサードリンク

手術

手術でアポクリン線を取り除くことで、臭いが発生する原因となる汗の分泌を止めることができるので、すそわきがは治すことができます。

ちなみに費用は数十万円かかるようです。

本気で悩んでいる人であれば、出せない金額ではないでしょう。

しかし、「もしかして自分って・・・」と疑心暗鬼になっている状態で出せる金額ではありませんよね。

とは言えクリニックへ行けば、すそわきがなのかどうかもしっかりと診断してチェックしてくれるので、いきなり数十万円の手術代を請求されることはないので、安心してください。

手術の手順

手術の方法は皮膚を数ミリから数センチ切開してアポクリン線を切除、又は吸引して除去するというものです。

裾ワキガ改善に大きな効果がある治療法として有効な手段である一方、料金が高いこと、そして術後の肌へ残るダメージや傷などがデメリットとしてあげられます。

そして、陰部を人前に晒さなくてはならないという恥ずかしさで、手術をためらっている人も多いようです。

まとめ

すそわきがの治療はデリケートゾーンのケア商品で、限りなく無臭へと近い状態に臭いを取り除くことはできるが、100%の殺菌は不可能。

手術ですそわきがを治療する場合は、アポクリン線を取り除くことで絶大な効果がある反面、切開が必要で費用も高いというデメリットもある。

専門のクリニックか産婦人科で自分が裾ワキガなのか、という診断をしてもらうことが出来る。

関連記事

Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ