外耳炎ってどんな病気?|放っておくとどうなる?本当は怖かった

外耳炎で難聴

症状が軽いと放って置いてしまいがちな病気。 放って置くとどうなるのか?!

外耳炎の症状について

耳の構造で耳の穴から鼓膜までの間を外耳と呼びます。

耳の構造

この、外耳の部分に炎症が起きるのが外耳炎です。

耳かきのし過ぎなどで皮膚を傷つける事で、そこからカビや細菌などの感染によって炎症を引き起こし、耳の痛みやかゆみ、耳だれや分泌物が出る事で耳が聞こえ難くなります。

スポンサードリンク

放って置くとどうなる?

放って置いても自然治癒する場合もある様です。

自然治癒する場合は、1日から2日で症状が治まっていく様ですが、3日以上症状が改善されない場合は治療が必要となる様です。

酷くなると痛みが悪化し痛みで起き上がれなくなる事もある様で、最悪の場合は側頭骨にまで感染が広がり、髄膜炎などの命を落とす危険性のある症状を引き起こす事もある様です。

私の場合は、始めはかゆみと耳垢が溜まりやすいといった程度だったので、1年以上放置していた所、耳に激しい痛みや耳だれが詰まる事によって耳が聞こえ難くなってしまいました。

スポンサードリンク

治療法

耳鼻科での治療は、耳の中のカビや細菌を検査し、吸引機などで耳だれや分泌物を取り除きます。

その後、軟膏を塗ります。

後は飲み薬で抗生剤や点耳薬などが処方される事になります。

軽度の場合は1回の治療で良くなる場合もある様ですが、耳だれが酷い場合は何回も通院しなくてはなりません。

一般的には、この様な治療法ですが酷いと切開する場合もある様です。

完治するまでの間は、耳かきは控える様にしましょう。

どうしても、かゆみや耳だれが溜まり聞こえ難くなってくると気になるので耳かきをしたくなる物ですが、さらに耳の中を傷つけ悪化させる原因になるので、完治するまでの間は、なるべく耳の中をいじらない様にしましょう。

症状が軽くなったからと、途中で治療を辞めてしまうと再発してしまうので、必ず完治するまで治療を続けましょう。

まとめ

まとめると、耳の穴から鼓膜までの間に炎症を起こすのが外耳炎である。

耳の皮膚を傷つける事により、カビや細菌の感染を引き起こし発症する。

放置すると自然治癒する場合もあるが、悪化した場合は酷い痛みや難聴、最悪の場合、命を落とす危険性を伴う感染症を引き起こす。

治療は一般的には吸引機による耳の中の掃除と飲み薬や点耳薬で行われるが、酷い場合は切開する可能性もある。

注意として耳かきのし過ぎは皮膚を傷つける恐れがあるので程々にする。

必ず完治するまで治療する。

スポンサードリンク

最後に

私も始めに病院に行くと何をされるのかと考えると行くのを躊躇っていましたが、行ってみると案外『あれっ?これで終わり?』といった感じでした。

放置した分、症状が悪化して耳に激痛がはしったり、耳だれの所為で耳が聞こえ難くなり、車の運転中は救急車が近づいて来ても発見に遅れ焦らされたり人と喋っていても、聴き取り辛く不快な思いをしました。

治療も長引き、あの時早い段階で病院に行くべきだったと実感させられました。

皆さんも、おかしいなと思ったら早めに病院に行く事をお勧めします。

最後に、この記事を参考にして頂き、皆さんのお役に立てれば幸いです。

by フレッシュミント
Comment Box is loading comments...

ページの先頭へ