浮気ってどこからが浮気になる?どこまでなら許せる?

浮気は許さない

どうも、浮気は絶対に許さない派のマツボックリです。

浮気を許さないとは言うものの、どこからが浮気なのか?これって恋愛においての永遠のテーマですよね。

「浮気のボーダーライン」と「どこまでなら許せるというボーダーライン」これは人それぞれ違う価値観を持っていて、恋人なのか夫婦なのかでも変わってきますよね。

そして「浮気が発覚した時にどうするのか?」これも人によって対処の方法が全然違います。

スポンサードリンク
総合探偵社TS 慰謝料請求・養育費・親権獲得

浮気のボーダーライン

浮気のボーダーラインは価値観によって人それぞれ。

価値観が全然違う人との感覚のズレは、「それって浮気でしょ!?」「いや、これは浮気じゃない!」という喧嘩の種になりかねません。

ではどこからが浮気なのか?ということですが、ざっと例をあげてみたいと思います。

  • ①自分以外の異性と話をしたら
  • ②連絡を取り合っていたら
  • ③二人きりで会っていたら
  • ④手を繋いだら
  • ⑤キスをしたら
  • ⑥体の関係を持ったら
  • ⑦好きという感情が生まれたら

①から順に段階的に浮気度が上がっていく並びとなっていると思います。

③~⑤の間で、「それはもう浮気でしょ!」と判断する人が多いのではないでしょうか。

⑦の「好きという感情が生まれたら」は、個人的にはそれはもう浮気じゃなくて本気でしょ。とも思いますが、人によってはここまで行かないと浮気だと思わない場合もあるようです。

本音と建前

多くの人は、⑤の「キスをしたら」もしくは、⑥の「体の関係を持ったら」浮気だ!と言うものですが、それは建前で実際の本音では、①の「自分以外の異性と話していたら」すでにもう気分が悪いという人も多いのではないでしょうか。

「ただ話すだけ」ならまだしも、「仲良さそうに話していたら」いい気はしないというのが本音ですよね。

ただ、「自分以外の異性と話しているだけで浮気と決めつけるのはどうなの?」って理性が働くので、決定的なところ・又は許容できないところまでは我慢するといったところでしょう。

どこまでなら許せる?

「どこまでなら許せるか?」という事についてですが、これは「どこまでは許されたいか?」と比例すると思います。

「自分は浮気するけど相手の浮気は許さない」という自己中な人は例外ですが、「自分がしていることまでは、相手も許さないといけない」又は、「相手にされて嫌なことは自分もしない」と言ったところでしょう。

おそらくほとんどの人は「友達付き合いや仕事での付き合いは仕方ない」と思っていることでしょう。

程度の差は人によって違いますが本音と建前にはズレがあって、自分自身の友達付き合いや仕事での付き合いがあるので(本当は嫌だけど)相手も許さなきゃいけない。そんな心理だと思います。

なので、ここら辺まではOKでそれ以上はダメという落としどころは、お互いに話し合って決めるしかありません。

浮気の疑いがある場合

最近相手の様子がおかしい。もしかして浮気してるんじゃないの?と感じる時の行動も人それぞれですよね。

「絶対に証拠をつかんでやる」と行動を起こす人もいれば、「証拠もないのに疑うのは良くない」と何もしない人もいます。

証拠をつかんでやる!と行動を起こす人は、相手を好きという感情よりも怒りの方が上で、関係が崩れる事よりも相手に制裁を与える事を重視している傾向にあります。

逆に確証がないから行動しないという人は、怒りや不安よりも、相手との関係を壊したくないという気持ちが強いという事になります。

スポンサードリンク
探偵さがしのタントくん

浮気が発覚したら

「恋人」「夫婦」「小さい子供がいる」「子供は既に自立している」などの状況や、相手の浮気の程度によっても、その後の行動には違いがあることでしょう。

「それは浮気でしょ!」「いや、これは浮気じゃない!」という問答が通らないくらいの浮気が発覚した時の対処は、大きく分ければ二通りしかありませんよね。

もちろん「別れる」or「別れない」です。

別れる

相手の浮気が許せない!という人は別れる選択肢を取るしかありません。

子供がまだ小さい夫婦の場合は、子供の将来の事を考えて別れないという選択肢を取る人もいますが、別居や仮面夫婦のような形式上だけは別れていないという状況はすでに他人も同然です。

また「次の相手が見つかるまでは関係を続ける」や「自分も浮気する」なども、完全に気持ちが離れている状況なので、いずれは別れる事となる可能性が高いでしょう。

別れない

別れないという選択肢を取る人にも色々な葛藤があるかと思います。

「一度は許す」「相手が反省しているようなら許す」などなど。

その場しのぎではなく、本当の意味でやり直すことを考える場合の「別れない」という選択ですね。

浮気する人は学ばない

浮気発覚後に別れないという選択肢を取ったとしても、一度浮気した人は高確率でその後また浮気をする傾向にあります。

浮気気質というのは、もう性格なので治らないと思った方が良いかもしれません。

理性が弱く本能に抗えない性格なので、一度は浮気相手との関係を清算したとしても、次にまた機会があれば、「今度こそはバレない様に」と考えるものなのです。

まとめ

浮気のボーダーラインは「許せる」「許せない」の境目で、人によって違う。

「許す」「許さない」の境界線は、自分が許されたい境界線でもある。

芸人の嫁なんかで「気持ちが入ってなければ何をしてもOK」「最終的に自分の元に戻ってこればOK」「夜の店でお金が発生しているならOK」と言っている強者もいますが、そういった人は稀であり、浮気は「しない」「されない」に越したことはありませんよね。

関連記事

Comment Box is loading comments...
スポンサードリンク
総合探偵社TS 慰謝料請求・養育費・親権獲得

ページの先頭へ